アクセス違反のエラーの解決法求む

フォーラム(掲示板)ルール
フォーラム(掲示板)ルールはこちら  ※コードを貼り付ける場合は [code][/code] で囲って下さい。詳しくはこちら
misoshiru

アクセス違反のエラーの解決法求む

#1

投稿記事 by misoshiru » 5年前

こんにちは。
私はC言語よりのC++言語で数値計算のプログラムを書いているのですが、アクセス違反のエラーが発生してしまいました。
自分でできる限りの対処はしたのですが解決に至らなかったので知恵をお貸しいただければと思います。

具体的な問題としては、subroutine BandWidth()内で動的確保した2次元配列NNelem[][]を用いて変数を定義する際にアクセス違反が発生しているようです。
しかし、配列は初めにsubroutine input()で十分な大きさを確保しており、アクセス違反が起こるとは考えられません。

原因と解決法が分かる方アドバイスをお願いします。

※エディタ及びコンパイラとしてはVisual Stdio Ultimate を用いています。
OSはWindows7 64bit です。
C言語の勉強は約1年ほどで、数値計算に用いる内容のみ学習しています。
ライブラリは特に使用していません。

初投稿のため情報不足などあるかと思いますがご指摘くだされば不足情報も迅速に提出しようかと思います。

ではよろしくお願いいたします。

/*************************************************/
以下エラーメッセージです。
/*************************************************/
ハンドルされない例外が 0x00DBE768 (Therm2D.exe) で発生しました: 0xC0000005: 場所 0x00000004 の読み取り中にアクセス違反が発生しました。

/**********************************************************************/
以下エラー発生時のVisualStdioの出力ログです。
/**********************************************************************/

'Therm2D.exe' (Win32): 'E:\Cpp\Therm2D\Debug\Therm2D.exe' が読み込まれました。シンボルが読み込まれました。
'Therm2D.exe' (Win32): 'C:\Windows\SysWOW64\ntdll.dll' が読み込まれました。シンボルが読み込まれました。
'Therm2D.exe' (Win32): 'C:\Windows\SysWOW64\kernel32.dll' が読み込まれました。シンボルが読み込まれました。
'Therm2D.exe' (Win32): 'C:\Windows\SysWOW64\KernelBase.dll' が読み込まれました。シンボルが読み込まれました。
'Therm2D.exe' (Win32): 'C:\Windows\SysWOW64\msvcp120d.dll' が読み込まれました。シンボルが読み込まれました。
'Therm2D.exe' (Win32): 'C:\Windows\SysWOW64\msvcr120d.dll' が読み込まれました。シンボルが読み込まれました。
初回例外が 0x00DBE768 (Therm2D.exe) で発生しました: 0xC0000005: 場所 0x00000004 の読み取り中にアクセス違反が発生しました。
ハンドルされない例外が 0x00DBE768 (Therm2D.exe) で発生しました: 0xC0000005: 場所 0x00000004 の読み取り中にアクセス違反が発生しました。

/**********************************************************************/
以下ソースコードの該当・関係する箇所のみ抜き出したものです。
/**********************************************************************/

コード:

 
#include<stdio.h>
#include<stdlib.h>
#include<math.h>
#include<fstream>
#include<iostream>
#include<iomanip>

//グローバル変数
//標準モジュールに用いる変数
int   Nall, NboundP, Ndim, Nelem, Nvar;
int *KnumPoint, *KnumPR, *NMdiv, **NNelem, *NrestP, *NumMat,*TempFixP;
double *PosGaus, *WeightG;

//フォームモジュールに用いる変数
int Nbound, NumEff, istep, mb;
int *Jcolnum, *Krowpos, *Nrest;
double*TempFix;

void input(){
	//INITIAL
        Nelem=35;

	//配列の確保
	int Nelem2 = Nelem + 3;

	NNelem = new int*[Nelem2];
	for (int i = 0; i <= Nelem2; i++){
		NNelem[i] = new int[4]();
	}

	//要素の入力
	ifstream fin2("element.dat");
	if (!fin2){
		cout << "File for saving data cannot be opened !" << endl;
	}
/*********************************************************************************
ここは別口に作成しておいたdatファイルから値を読み込んでいます。
データとしては
    1    9
    1   10
    1    2
    1    1
    2   10
    2   11
    2    3
    2    2
    3   11
    3   12
    3    4
    3    3
    4   12
    4   13
    4    5
    4    4
    5   13
    5   14
    5    6
    5    5
    6   14
    6   15
    6    7
    6    6
    7   15
    7   16
    7    8
    7    7
    8   17
    8   18
    8   10
    8    9
    9   18
    9   19
    9   11
    9   10
   10   19
   10   20
   10   12
   10   11
   11   20
   11   21
   11   13
   11   12
   12   21
   12   22
   12   14
   12   13
   13   22
   13   23
   13   15
   13   14
   14   23
   14   24
   14   16
   14   15
   15   25
   15   26
   15   18
   15   17
   16   26
   16   27
   16   19
   16   18
   17   27
   17   28
   17   20
   17   19
   18   28
   18   29
   18   21
   18   20
   19   29
   19   30
   19   22
   19   21
   20   30
   20   31
   20   23
   20   22
   21   31
   21   32
   21   24
   21   23
   22   33
   22   34
   22   26
   22   25
   23   34
   23   35
   23   27
   23   26
   24   35
   24   36
   24   28
   24   27
   25   36
   25   37
   25   29
   25   28
   26   37
   26   38
   26   30
   26   29
   27   38
   27   39
   27   31
   27   30
   28   39
   28   40
   28   32
   28   31
   29   41
   29   42
   29   34
   29   33
   30   42
   30   43
   30   35
   30   34
   31   43
   31   44
   31   36
   31   35
   32   44
   32   45
   32   37
   32   36
   33   45
   33   46
   33   38
   33   37
   34   46
   34   47
   34   39
   34   38
   35   47
   35   48
   35   40
   35   39

というものを読み込んでNNelem[][]に格納しています。

/*********************************************************************************/
	for (int i = 1; i <= Nelem; i++){
		int ie;
		fin2 >> ie >> NNelem[i][1];
		fin2 >> ie >> NNelem[i][2];
		fin2 >> ie >> NNelem[i][3];
		fin2 >> ie >> NNelem[i][4];
		//for (int j = 1; j <= 4; j++){
		//	cout << ie << " " << NNelem[i][j] << endl;
		//}
	}
	fin2.close();
}

void InitialSet1(){
	/*********************************************************
	フォームモジュールでのプログラム
	初期設定

	*********************************************************/
	int *kbuf;
	kbuf = new int[4]();
	Nvar = 4;
	Nall = Ndim*Npoint;

	//温度固定データの処理
	Nbound = NboundP;

	if (Nbound > 0){
		int k;
		k = 0;
		if (NboundP > 0){
			for (int i = 1; i <= NboundP; i++){
				k = k + 1;
				Nrest[k] = NrestP[i];
				TempFix[k] = TempFixP[i];

			}
		}
	}

		for (int i = 1; i <= Nall; i++){
			Tu[i] = TempInit[i];
		}

	PosGaus[1] = -0.57735026918962576451;
	PosGaus[2] = 0.57735026918962576451;
	WeightG[1] = 1.0;
	WeightG[2] = 1.0;


}

void BandWidth(int mb){
	/*********************************************************
	フォームモジュールでのプログラム
	バンド幅の計算

	*********************************************************/
	int mx,ib;
	mx = 0;
	ib = 0;
	for (int ie = 1; ie <= Nelem; ie++){
		for (int ii = 1; ii <= 3; ii++){
			int  j,i,k;
/*******************************************************
ここでエラー発生 (ie=1,ii=1のとき)
********************************************************/
			ib = NNelem[ie][ii];
			i = KnumPR[ib];
			for (int jj = ii + 1; jj <= 4; jj++){
				ib = NNelem[ie][jj];
				j = KnumPR[ib];
				k = abs(i - j);
				if (k > mx){
					mx = k;

				}
			}
		}
	}

	mb = Ndim*(mx + 1);


}
void FormActivate(){

	//初期設定
	InitialSet1();
	//バンド幅の計算
	BandWidth(mb);
}

int main(){
	//データの入力
	input();
	//計算の制御
	FormActivate();
}

アバター
へにっくす
記事: 630
登録日時: 8年前
住所: 東京都

Re: アクセス違反のエラーの解決法求む

#2

投稿記事 by へにっくす » 5年前

えーとまず言えることは、C/C++言語の配列の添え字は0から始まるのは分かっていますか?
たとえば、5個の配列を考えると以下のような感じになるはずです。

コード:

#include <stdio.h>

void main() {
	int *dat = new int[5];
	int c;
	for (c = 0; c < 5; c++) {
		dat[c] = c;
	}
	for (c = 0; c < 5; c++) {
		printf("%d %d\n", c, dat[c]);
	}
	delete[] dat;
}
実行結果

コード:

>test.exe
0 0
1 1
2 2
3 3
4 4
>
written by へにっくす

アバター
みけCAT
記事: 6252
登録日時: 9年前
住所: 千葉県
連絡を取る:

Re: アクセス違反のエラーの解決法求む

#3

投稿記事 by みけCAT » 5年前

へにっくすさんの指摘するとおり、確保された領域の外にアクセスしている場所が複数あります。
他には

・InitialSet1関数でメモリリークを起こしています。kbufは素直にint kbuf[4]={};とするか、使用していないならば削除するべきだと思います。

以下は提示された部分以外で適切に代入しているかを確認してください。
・217行目で使用しているNrest,NrestPに有効な領域へのポインタを代入している部分が見つかりません。
・218行目で使用しているTempFix,TempFixPに有効な領域へのポインタを代入している部分が見つかりません。
・225行目で使用しているTu,TempInitに有効な領域へのポインタを代入している部分が見つかりません。
・252,255行目で使用しているKnumPRに有効な領域へのポインタを代入している部分が見つかりません。
・228,229行目で使用しているPosGausに有効な領域へのポインタを代入している部分が見つかりません。
・230,231行目で使用しているWeightGに有効な領域へのポインタを代入している部分が見つかりません。
オフトピック
へにっくす さんが書きました:

コード:

#include <stdio.h>

void main() {
	int *dat = new int[5];
	int c;
	for (c = 0; c < 5; c++) {
		dat[c] = c;
	}
	for (c = 0; c < 5; c++) {
		printf("%d %d\n", c, dat[c]);
	}
	delete[] dat;
}
C++なので、main関数の戻り値はintにしましょうよ…
C - void main()をめぐるどうでもいい話 - Qiita
複雑な問題?マシンの性能を上げてOpenMPで殴ればいい!(死亡フラグ)

アバター
みけCAT
記事: 6252
登録日時: 9年前
住所: 千葉県
連絡を取る:

Re: アクセス違反のエラーの解決法求む

#4

投稿記事 by みけCAT » 5年前

へにっくす さんが書きました:えーとまず言えることは、C/C++言語の配列の添え字は0から始まるのは分かっていますか?
わかりにくければ、N+1要素確保することで1~N (inclusive)の添字を使うことも可能です。
複雑な問題?マシンの性能を上げてOpenMPで殴ればいい!(死亡フラグ)

misoshiru
記事: 3
登録日時: 5年前

Re: アクセス違反のエラーの解決法求む

#5

投稿記事 by misoshiru » 5年前

へにっくすさん コメントありがとうございます。
「C/C++言語の配列の添え字は0から始まる」ということは知識としては聞いたことがあるので知ってはいます。

現在コード作成の際に文献などのサンプルコード(Fortran,Visual Basicでかかれたもの)をベタ打ちに近い形で書いているためfor文も
for(i=0;i<5;i++)ではなくfor(i=1;i<=5;i++)としている、という状況です。鳴れた方からすると、気持ち悪い書き方かもしれません。申し訳ありません。

最終的にはそのようにコード全体を変更しなければいけないのだろうな、と感じてはいます。

へにっくす さんが書きました:えーとまず言えることは、C/C++言語の配列の添え字は0から始まるのは分かっていますか?
たとえば、5個の配列を考えると以下のような感じになるはずです。

コード:

#include <stdio.h>

void main() {
	int *dat = new int[5];
	int c;
	for (c = 0; c < 5; c++) {
		dat[c] = c;
	}
	for (c = 0; c < 5; c++) {
		printf("%d %d\n", c, dat[c]);
	}
	delete[] dat;
}
実行結果

コード:

>test.exe
0 0
1 1
2 2
3 3
4 4
>

misoshiru
記事: 3
登録日時: 5年前

Re: アクセス違反のエラーの解決法求む

#6

投稿記事 by misoshiru » 5年前

みけCATさん コメントありがとうございます。
元のソースコードが長く、削って一部を載せたつもりだったのですが、どうやら削りすぎてしまったようです。申し訳ありません。

>>・InitialSet1関数でメモリリークを起こしています。kbufは素直にint kbuf[4]={};とするか、使用していないならば削除するべきだと思います。

ご指摘ありがとうございます。
kbufはInitialSet1関数内では使用していませんでした。削除したいと思います。

>>
以下は提示された部分以外で適切に代入しているかを確認してください。
・217行目で使用しているNrest,NrestPに有効な領域へのポインタを代入している部分が見つかりません。
・218行目で使用しているTempFix,TempFixPに有効な領域へのポインタを代入している部分が見つかりません。
・225行目で使用しているTu,TempInitに有効な領域へのポインタを代入している部分が見つかりません。
・252,255行目で使用しているKnumPRに有効な領域へのポインタを代入している部分が見つかりません。
・228,229行目で使用しているPosGausに有効な領域へのポインタを代入している部分が見つかりません。
・230,231行目で使用しているWeightGに有効な領域へのポインタを代入している部分が見つかりません。

情報不足ですみません。
元のソースコードから削ってしまった部分にてnewを用いて配列の動的確保+初期化はしてありました。

misoshiru
記事: 3
登録日時: 5年前

Re: アクセス違反のエラーの解決法求む

#7

投稿記事 by misoshiru » 5年前

一部のみソースコードを載せるという判断ミスのためにご迷惑をおかけして申し訳ありません。
ソースコードを全文載せることにします。初めからすべきでした・・・
//以下ソースコードです。

コード:

#include<stdio.h>
#include<stdlib.h>
#include<math.h>
#include<fstream>
#include<iostream>
#include<iomanip>
#include <time.h>

using namespace std;
/*************************************************************************
	4節点四角形要素についてのプログラム
	2次元定常熱伝導方程式
	
	reference code "Visual Basicによる3次元熱伝導解析プログラム" ,黒田英夫 著

*************************************************************************/
//標準モジュールに用いる変数
int  KnumMax, Mprop, Mstat, Nall, NboundP, Ndim, Nelem, Ngaus, Nmat, NMdivMax, Npoint, Nvar;
int *KnumPoint, *KnumPR, *NMdiv, **NNelem, *NPrefer, *NrestP, *NumMat;
double **Cspec, *PosGaus, **Rlamda, *Rou, *TempFixP, *TempInit, **TempMat, *Tu, *WeightG, *Xdata, *Ydata, *XE, *YE;

//フォームモジュールに用いる変数
int Nbound, NumEff, istep, mb;
double timst;
int *Jcolnum, *Krowpos, *Nrest;
double *Dd, *Ds, *Dt, *Dx, *Dy, **Ek,**RinvJ, *RJmat, *Rld, *Shape, *TE, *TempFix, *Tf, *TG, *Tk, *TUx, *Ua;

void variable(){
	int maxnode = 8;
	int maxnode2 = maxnode + 5;
	Ngaus = 2;
	Ndim = 1;
	//標準モジュールの変数
	//single pointer int form
	NPrefer = new int[maxnode2]();

	//double pointer int form

	//single pointer double form
	PosGaus = new double[2]();
	Rou = new double[1]();
	WeightG = new double[2]();

	//double pointer double form
	Cspec = new double*[1];
	Rlamda = new double*[1];
	TempMat = new double*[2];

	for (int i = 1; i <= maxnode2; i++){
		Cspec[i] = new double[2]();
		Rlamda[i] = new double[2]();
		TempMat[i] = new double[2]();
	}

	//フォームモジュールの変数

	//single pointer int form
	Jcolnum = new int[maxnode2]();
	Krowpos = new int[maxnode2]();

	//double pointer int form

	//single pointer double form
	Shape = new double[4]();
	Ds = new double[4]();
	Dt = new double[4]();
	TE = new double[4]();
	XE = new double[4]();
	YE = new double[4]();
	Dx = new double[4]();
	Dy = new double[4]();
	TUx = new double[maxnode2]();
	RJmat = new double[2]();
	Rld = new double[maxnode2]();

	//double pointer double form
	Ek = new double*[maxnode2];
	RinvJ = new double*[2];
	for (int i = 1; i <= 2; i++){
		RinvJ[i] = new double[2]();
	}
	for (int i = 1; i <= maxnode2; i++){
		Ek[i] = new double[maxnode2]();
	}

}

void input(){
	//INITIAL
	ifstream fin4("initial.dat");
	if (!fin4){
		cout << "File for saving data cannot be opened !" << endl;
	}
/********************************************************************************
	initial.dat ファイルの中身
	
	48  35  1  1 12  4
********************************************************************************/
	
	fin4 >> KnumMax >> Nelem >> Mprop >> Nmat >> NboundP >> Nvar;

	fin4.close();

	//値の設定
	Npoint = KnumMax;
	Nall = Npoint;
	NMdivMax = Nmat;
	//配列の確保
	int NboundPX = Nbound + 3;
	int KnumMax2 = KnumMax + 3;
	int Nelem2 = Nelem + 3;


	Xdata = new double[KnumMax2]();
	Ydata = new double[KnumMax2]();
	XE = new double[KnumMax2]();
	YE = new double[KnumMax2]();
	NumMat = new int[Nelem2]();
	NMdiv = new int[Nelem2]();
	KnumPoint = new int[KnumMax2]();
	Tf = new double[KnumMax2]();
	TG = new double[KnumMax2]();
	Tk = new double[KnumMax2]();
	Ua = new double[KnumMax2]();

	NrestP = new int[NboundPX]();
	Nrest = new int[NboundPX]();

	TempFix = new double[NboundPX]();
	TempFixP = new double[NboundPX]();

	Tu = new double[KnumMax2]();
	TempInit = new double[Nall]();

	KnumPR = new int[KnumMax2]();

	NNelem = new int*[Nelem2];
	for (int i = 0; i <= Nelem2; i++){
		NNelem[i] = new int[4]();
	}



	//節点の入力
	ifstream fin("node.dat");
	if (!fin){
		cout << "File for saving data cannot be opened !" << endl;
	}
/********************************************************************************
node.dat ファイルの中身

         1                  0                     1
         2       0.1428571429                     1
         3       0.2857142857                     1
         4       0.4285714286                     1
         5       0.5714285714                     1
         6       0.7142857143                     1
         7       0.8571428571                     1
         8                  1                     1
         9                  0                   0.8
        10       0.1428571429                   0.8
        11       0.2857142857                   0.8
        12       0.4285714286                   0.8
        13       0.5714285714                   0.8
        14       0.7142857143                   0.8
        15       0.8571428571                   0.8
        16                  1                   0.8
        17                  0                   0.6
        18       0.1428571429                   0.6
        19       0.2857142857                   0.6
        20       0.4285714286                   0.6
        21       0.5714285714                   0.6
        22       0.7142857143                   0.6
        23       0.8571428571                   0.6
        24                  1                   0.6
        25                  0                   0.4
        26       0.1428571429                   0.4
        27       0.2857142857                   0.4
        28       0.4285714286                   0.4
        29       0.5714285714                   0.4
        30       0.7142857143                   0.4
        31       0.8571428571                   0.4
        32                  1                   0.4
        33                  0                   0.2
        34       0.1428571429                   0.2
        35       0.2857142857                   0.2
        36       0.4285714286                   0.2
        37       0.5714285714                   0.2
        38       0.7142857143                   0.2
        39       0.8571428571                   0.2
        40                  1                   0.2
        41                  0                     0
        42       0.1428571429                     0
        43       0.2857142857                     0
        44       0.4285714286                     0
        45       0.5714285714                     0
        46       0.7142857143                     0
        47       0.8571428571                     0
        48                  1                     0


********************************************************************************/
	for (int i = 1; i <= KnumMax; i++){
		fin >> KnumPoint[i] >> Xdata[i] >> Ydata[i];
	}

	fin.close();

	//今回の場合は物質が1種類だけなので、アセンブリとかがないため局所的な節点番号と全体での節点番号は同じと見なせる。
	for (int i = 1; i <= KnumMax; i++){
		KnumPR[i] = i;
	}


	//要素の入力
	ifstream fin2("element.dat");
	if (!fin2){
		cout << "File for saving data cannot be opened !" << endl;
	}
/********************************************************************************
	element.dat ファイルの中身
	
	    1    9
    1   10
    1    2
    1    1
    2   10
    2   11
    2    3
    2    2
    3   11
    3   12
    3    4
    3    3
    4   12
    4   13
    4    5
    4    4
    5   13
    5   14
    5    6
    5    5
    6   14
    6   15
    6    7
    6    6
    7   15
    7   16
    7    8
    7    7
    8   17
    8   18
    8   10
    8    9
    9   18
    9   19
    9   11
    9   10
   10   19
   10   20
   10   12
   10   11
   11   20
   11   21
   11   13
   11   12
   12   21
   12   22
   12   14
   12   13
   13   22
   13   23
   13   15
   13   14
   14   23
   14   24
   14   16
   14   15
   15   25
   15   26
   15   18
   15   17
   16   26
   16   27
   16   19
   16   18
   17   27
   17   28
   17   20
   17   19
   18   28
   18   29
   18   21
   18   20
   19   29
   19   30
   19   22
   19   21
   20   30
   20   31
   20   23
   20   22
   21   31
   21   32
   21   24
   21   23
   22   33
   22   34
   22   26
   22   25
   23   34
   23   35
   23   27
   23   26
   24   35
   24   36
   24   28
   24   27
   25   36
   25   37
   25   29
   25   28
   26   37
   26   38
   26   30
   26   29
   27   38
   27   39
   27   31
   27   30
   28   39
   28   40
   28   32
   28   31
   29   41
   29   42
   29   34
   29   33
   30   42
   30   43
   30   35
   30   34
   31   43
   31   44
   31   36
   31   35
   32   44
   32   45
   32   37
   32   36
   33   45
   33   46
   33   38
   33   37
   34   46
   34   47
   34   39
   34   38
   35   47
   35   48
   35   40
   35   39

********************************************************************************/
	
	
	for (int i = 1; i <= Nelem; i++){
		int ie;
		fin2 >> ie >> NNelem[i][1];
		fin2 >> ie >> NNelem[i][2];
		fin2 >> ie >> NNelem[i][3];
		fin2 >> ie >> NNelem[i][4];
		//for (int j = 1; j <= 4; j++){
		//	cout << ie << " " << NNelem[i][j] << endl;
		//}
	}

	fin2.close();


	//境界条件の入力
	ifstream fin3("boundary.dat");
	if (!fin3){
		cout << "File for saving data cannot be opened !" << endl;
	}


/********************************************************************************	
boundary.dat ファイルの中身

         1         1                 100
         2         9                 100
         3        17                 100
         4        25                 100
         5        33                 100
         6        41                 100
         7         8                 0
         8        16                 0
         9        24                 0
        10        32                 0
        11        40                 0
        12        48                 0

********************************************************************************/	


	for (int i = 1; i <=NboundP; i++){
		int ib;
		fin3 >> ib >> NrestP[i] >>TempFixP[i];
	}
	fin3.close();


	//熱伝導率の入力
	ifstream fin5("conductivity.dat");
	if (!fin5){
		cout << "File for saving data cannot be opened !" << endl;
	}
/********************************************************************************	
conductivity.dat ファイルの中身

1 1 1 1 1 1
********************************************************************************/	
	
	int idum;
	//初めから順に 材料種類 X方向熱伝導率 Y方向熱伝導率 密度 X方向比熱 Y方向比熱 とする。

	fin5 >> idum >> Rlamda[1][1] >> Rlamda[1][2] >> Rou[1] >> Cspec[1][1] >> Cspec[1][2];

	fin5.close();

	//要素の材料番号の入力
	ifstream fin6("material.dat");
	if (!fin6){
		cout << "File for saving data cannot be opened !" << endl;
	}
	
	
/********************************************************************************	
material.dat ファイルの中身

    1    1    1
    2    1    1
    3    1    1
    4    1    1
    5    1    1
    6    1    1
    7    1    1
    8    1    1
    9    1    1
   10    1    1
   11    1    1
   12    1    1
   13    1    1
   14    1    1
   15    1    1
   16    1    1
   17    1    1
   18    1    1
   19    1    1
   20    1    1
   21    1    1
   22    1    1
   23    1    1
   24    1    1
   25    1    1
   26    1    1
   27    1    1
   28    1    1
   29    1    1
   30    1    1
   31    1    1
   32    1    1
   33    1    1
   34    1    1
   35    1    1

********************************************************************************/	
	for (int i = 1; i <= Nelem; i++){
		int idum2;
		fin6 >> idum2 >> NMdiv[i] >> NumMat[i];
	}

	fin6.close();

	//温度上限は200℃にしておく。(適当。)
	for (int j = 1; j <= Nelem; j++){
		for (int i = 1; i <= NMdiv[j]; i++){
			TempMat[NumMat[i]][i] = 200;
		}
	}
}

void ShapeFunc(double s, double t){
	/***************************************************************************************************************
	形状関数計算のプログラム
	shape[]				形状関数
	ds[]				形状関数のξの偏微分
	dt[]				形状関数のηの偏微分

	***************************************************************************************************************/
	double s1, s1m, t1, t1m;
	s1 = 1 + s;
	s1m = 1 - s;
	t1 = 1 + t;
	t1m = 1 - t;

	Shape[1] = s1m*t1m / 4.0;
	Shape[2] = s1*t1m / 4.0;
	Shape[3] = s1*t1 / 4.0;
	Shape[4] = s1m*t1 / 4.0;

	Ds[1] = -t1m / 4.0;
	Ds[2] = t1m / 4.0;
	Ds[3] = t1 / 4.0;
	Ds[4] = -t1 / 4.0;

	Dt[1] = -s1m / 4.0;
	Dt[2] = -s1 / 4.0;
	Dt[3] = s1 / 4.0;
	Dt[4] = s1m / 4.0;

}

void JacobElem(int ie, int numg, double dj){
	/***************************************************************************************************************
	要素のヤコビアンマトリックス計算のプログラム
	ie				要素番号
	numg			ガウス点番号
	dj				ヤコビアンマトリックスの行列式
	rinvj[][]		ヤコビアンマトリックスの逆行列
	rjmat[][]		ヤコビアンマトリックス
	tg[]			ガウス点の温度

	***************************************************************************************************************/

	int i, ii, j;
	double b1;
	double **RinvJ, **RJmat;
	RinvJ = new double *[2];
	RJmat = new double *[2];
	for (i = 1; i <= 2; i++){
		RinvJ[i] = new double[2]();
		RJmat[i] = new double[2]();
	}

	for (ii = 1; ii <= 4; ii++){
		TG[numg] = TG[numg] + TE[ii] * Shape[ii];
		for (j = 1; j <= 2; j++){
			if (j == 1){
				b1 = XE[ii];
			}
			else if (j == 2){
				b1 = YE[ii];
			}

			RJmat[1][j] = RJmat[i][j] + Ds[ii] * b1;
			RJmat[2][j] = RJmat[2][j] + Dt[ii] * b1;
		}
	}
	dj = RJmat[1][1] * RJmat[2][2] - RJmat[2][1] * RJmat[1][2];

	RinvJ[1][1] = RJmat[2][2] / dj;
	RinvJ[1][2] = -RJmat[1][2] / dj;
	RinvJ[2][1] = -RJmat[2][1] / dj;
	RinvJ[2][2] = RJmat[1][1] / dj;

	b1 = RJmat[1][1] * RinvJ[1][1] + RJmat[1][2] * RinvJ[2][1];

	if (dj <= 0.0){
		cout << "Metrics error" << endl;
		cout << "Element" << ie << "Gaussian Point" << numg << "Yacobian Volume is zero or minus." << endl;

	}
	else{
		for (ii = 1; ii <= 4; ii++){
			for (i = 1; i <= 2; i++){
				b1 = (RinvJ[i][1] * Ds[ii] + RinvJ[i][2] * Dt[ii])/dj;
				if (i == 1){
					Dx[ii] = b1;
				}
				else if (i == 2){
					Dy[ii] = b1;
				}
			}
		}
	}

}

void StateCalc(int kmat, int kdiv, double tempmesh){
	/*********************************************************
	フォームモジュールでのプログラム
	物性状態の計算
	kmat				材料番号
	kdiv				物性区分番号
	tempmesh			現在温度
	*********************************************************/

	for (int i = 1; i <= NMdiv[kmat]; i++){
		kdiv = 1;
		if (tempmesh <= TempMat[kmat][i]){
			goto out;
		}
	}

out:
	int dumend = 1;

}

void ElemMatrix(int ie){

	/***************************************************************************************************************
	要素マトリックス計算のプログラム
	ie						要素番号
	xe[ii],ye[ii]			要素の4節点のX,Y座標
	NNelem[ie][ii]			要素の4節点の節点番号
	KnumPR[ib]				各節点番号対応の節点順位
	te[],tu[]				温度
	nvar					要素の変数個数
	ek[i][j]				熱伝導マトリックス{Ke}
	em[i][j]				熱容量マトリックス{Ce}
	mstat					区分変数。0で定常、1で非定常
	nummat[ie]				各要素の材料番号、変数kmatにいれる
	ngaus					1軸あたりのガウス点数、今回は3
	ig,jg					ξ、η座標に対応
	rou[]					密度
	cspec[]					比熱
	rlamda[]				熱伝導率
	ndim					1節点あたりの変数の個数
	nprefer[j]				要素マトリックスの変数番号jごとに全体マトリックスの変数番号kをいれている
	dx[i],dy[i]				形状関数のX,Yの偏微分
	dv						積分体積
	dj						ヤコビアンマトリックスの行列式|J|
	weight[]				積分点の重み係数

	***************************************************************************************************************/

	int ib, kmat, numg, dj, kdiv;
	double b1, rc, rla, tempb, s, t, dv;
	kdiv = 0;
	dj = 0;
	for (int ii = 1; ii <= 4; ii++){
		int i;
		ib = NNelem[ie][ii];
		i = KnumPR[ib];
		XE[ii] = Xdata[i];
		YE[ii] = Ydata[i];
		TE[ii] = Tu[i];

	}

	for (int i = 1; i <= Nvar; i++){
		for (int j = 1; j <= i; j++){
			Ek[i][j] = 0.0;
		}
	}

	kmat = NumMat[ie];

	numg = 0;
	for (int ig = 1; ig <= Ngaus; ig++){
		s = PosGaus[ig];

		for (int jg = 1; jg <= Ngaus; jg++){
			t = PosGaus[jg];
				//形状関数の計算
				ShapeFunc(s, t);
				//要素のヤコビアンマトリックスの計算
				JacobElem(ie, numg, dj);

				dv = dj*WeightG[ig] * WeightG[jg];
				tempb = TG[numg];
				//物性状態の計算
				StateCalc(kmat, kdiv, tempb);
				rc = Rou[kmat] * Cspec[kmat][kdiv];
				rla = Rlamda[kmat][kdiv];

				for (int i = 1; i <= Nvar; i++){
					for (int j = 1; j <= i; j++){
						b1 = Dx[i] * Dx[j] + Dy[i] * Dy[j];
						Ek[i][j] = Ek[i][j] + rla*b1*dv;
				}
			}
		}
	}

	int j = 0;
	for (int ii = 1; ii <= 4; ii++){
		int k, i;
		ib = NNelem[ie][ii];
		i = KnumPR[ib];
		k = Ndim*(i - 1);
		for (int id = 1; id <= Ndim; id++){
			j = j + 1;
			k = k + 1;
			NPrefer[j] = k;

		}
	}
}

void SurfaceCond(int kb, int kind, int *kbuf, double *gpos){
	/***************************************************************************************************************
	境界条件用の面設定のプログラム
	kb					面番号
	kind				面分類(1:面1)
	kbuf[]				面節点の基本番号
	gpos[]				積分点のξη座標

	***************************************************************************************************************/
	int i;

	if (kb == 1){
		kind = 1;
		gpos[1] = -1;
		gpos[2] = 1;
		for (i = 1; i <= 4; i++){
			kbuf[i] = i;
		}
	}
	else{
		cout << "2次元の解析ではありません。" << endl;
	}

}

void JacobElem2(int ie, int numg, double dj, int *knode){
	/***************************************************************************************************************
	要素表面のヤコビアンマトリックス計算のプログラム
	ie						要素番号
	numg					ガウス点番号
	dj						ヤコビアンマトリックスの行列式値
	knode[]					節点の順位
	***************************************************************************************************************/
	int ii, j;
	double b1;

	double **RinvJ, **RJmat, *XG, *YG;
	RinvJ = new double*[2];
	RJmat = new double*[2];
	XG = new double[numg]();
	YG = new double[numg]();
	for (int i = 1; i <= 2; i++){
		RinvJ[i] = new double[2]();
		RJmat[i] = new double[2]();

	}


	for (int ip = 1; ip <= 4; ip++){
		ii = knode[ip];
		XG[numg] = XG[numg] + XE[ii] * Shape[ii];
		YG[numg] = YG[numg] + YE[ii] * Shape[ii];
	}

	for (int ip = 1; ip <= 4; ip++){
		ii = knode[ip];
		for (j = 1; j <= 2; j++){
			if (j == 1){
				b1 = XE[ii];
			}
			else if (j == 2){
				b1 = YE[ii];
			}
			RJmat[1][j] = RJmat[1][j] + Ds[ii] * b1;
			RJmat[2][j] = RJmat[2][j] + Dt[ii] * b1;
		}
	}
	//逆ヤコビアンマトリックスの配列に、面積分で使用するための値を保存
	dj = RJmat[1][1] * RJmat[2][2] - RJmat[1][2] * RJmat[2][1];

	RinvJ[1][1] = RJmat[2][2] / dj;
	RinvJ[1][2] = -RJmat[1][2] / dj;
	RinvJ[2][1] = -RJmat[2][1] / dj;
	RinvJ[2][2] = RJmat[1][1] / dj;


}

void PreVecCalc(int nx, double *rvec, double *crvec){
	/***************************************************************************************************************
	InvC・rvecの計算プログラム
	nx					ベクトル次数
	rvec[]				対象ベクトル
	crvec[]				結果ベクトル

	***************************************************************************************************************/
	int jb;
	for (int i = 1; i <= nx; i++){
		crvec[i] = rvec[i];
	}

	for (int i = 1; i <= nx; i++){
		for (int kb = Krowpos[i]; kb <= Krowpos[i + 1] - 2; kb++){
			jb = Jcolnum[kb];
			crvec[i] = crvec[i] - Rld[kb] * crvec[jb];

		}
		crvec[i] = crvec[i] / Rld[Krowpos[i + 1] - 1];

	}

	for (int i = 1; i <= nx; i++){
		crvec[i] = crvec[i] / Dd[i];
	}

	for (int i = nx; i >= 1; i--){
		crvec[i] = crvec[i] / Rld[Krowpos[i + 1] - 1];
		for (int kb = Krowpos[i]; kb <= Krowpos[i + 1] - 2; kb++){
			jb = Jcolnum[kb];
			crvec[jb] = crvec[jb] - Rld[kb] * crvec[i];

		}
	}


}

void StoreIndex(int i, int j, int kbx){
	/*********************************************************
	フォームモジュールでのプログラム
	FEM行列i,j要素の保存配列位置の算出
	i			行番号
	j			列番号
	kbx			1次元保存配列のインデックス番号

	*********************************************************/

	kbx = 0;
	for (int kb = Krowpos[i]; kb <= Krowpos[i + 1] - 1; kb++){
		if (Jcolnum[kb] == j){
			kbx = kb;
			goto outfor;
		}
		else if (Jcolnum[kb] > j){
			goto outfor;
		}
	}
outfor:
	int dumend = 1;

}

void ICCGsolver(int mb){
	/***************************************************************************************************************
	ICCG法のプログラム
	ICCG・・・Incomplete Cholesky Conjugate Gradient

	numeff						保存された変数の合計個数
	tk[k]						左下三角配列の1次元保存配列
	krowpos[i]					第i行の最初の保存変数に対するtk[]でのインデックス番号。
	したがって、第i行の対角要素インデックスはkrowpos[i+1]-1で得られる。
	また、最終をn行としてkrowpos[n+1]にその次のインデックス番号を与えておく。
	jcolnum[k]					tk[k]の対応する左下三角行列の列番号
	mb							バンドマトリックスのハーフバンド幅
	dd[Nall]					対角行列D
	rld[numeff]					左下三角行列L
	sd[Nall]					スケーリングの対角行列S
	apvec[Nall]					行列計算結果Ap
	crvec[Nall]					行列計算結果C^-1r
	rvec[Nall]					ベクトルr
	pvec[Nall]					ベクトルp
	cnorm						右辺ベクトルbのノルム
	alp							α
	beta						β

	***************************************************************************************************************/
	int kb, jb, jj, kbb, kb1, j1, j2, nk, ic;
	kbb = 0;
	double b1, b2, fwx, fw1, fw2, fx0, eps, epsa, beta, alp, cnorm;
	fw1 = 0;
	fw2 = 0;

	double *sd, *apvec, *crvec, *rvec, *pvec;
	sd = new double[Nall]();
	apvec = new double[Nall]();
	crvec = new double[Nall]();
	rvec = new double[Nall]();
	pvec = new double[Nall]();

	for (int i = 1; i <= Nall; i++){
		kb = Krowpos[i + 1] - 1;
		sd[i] = 1 / sqrt(Tk[kb]);
		Tk[kb] = 1;

	}
	for (int i = 1; i <= Nall; i++){
		for (int kb = Krowpos[i]; kb <= Krowpos[i + 1] - 2; kb++){
			jb = Jcolnum[kb];
			Tk[kb] = Tk[kb] * sd[i] * sd[jb];

		}
		Tf[i] = Tf[i] * sd[i];
	}

	//不完全コレスキー分解

	for (int i = 1; i <= Nall; i++){
		b1 = 0;
		for (kb = Krowpos[i]; kb <= Krowpos[i + 1] - 2; kb++){
			b2 = Rld[kb];
			b1 = b1 + Dd[Jcolnum[kb]] * b2*b2;

		}
		kb = Krowpos[i + 1] - 1;
		Rld[kb] = Tk[kb] - b1;

		if (Rld[kb] == 0){
			cout << "calculation error" << endl;
			goto end;
		}
		else{
			Dd[i] = 1 / Rld[kb];
		}

		jj = mb - 1;
		jb = i + jj;
		if (jb > Nall){
			jj = Nall - i;
		}

		for (int j = 1; j <= jj; j++){
			jb = i + j;
			//保存配列位置の算出
			StoreIndex(jb, i, kbb);

			if (kbb > 0 && !(Tk[kbb] == 0)){
				kb1 = Krowpos[jb];
				b1 = 0;
				for (int kb = Krowpos[i]; kb <= Krowpos[i + 1] - 2; kb++){
					j1 = Jcolnum[kb];
					for (int kbx = kb1; kbx <= Krowpos[jb + 1] - 2; kbx++){
						j2 = Jcolnum[kbx];
						if (j1 == j2){
							b1 = b1 + Dd[j1] * Rld[kb] * Rld[kbx];
							kb1 = kbx + 1;
							goto exit;
						}
						else if (j2 > j1){
							goto exit;
						}
					}
				exit:
					int dummy3 = 1;
				}

				Rld[kbb] = Tk[kbb] - b1;

			}
		}
	}

	//定常解析場合の進行状況表示
	if (Mstat == 0){
		fx0 = fw1;
		fwx = 0.35*fw1 + 0.65*fw2;

	}

	//本計算
	nk = Nall / 3;
	eps = 1.0E-6;

	cnorm = 0;
	for (int i = 1; i <= Nall; i++){
		rvec[i] = Tf[i];
		cnorm = cnorm + Tf[i] * Tf[i];
		Tf[i] = 0;

	}
	cnorm = sqrt(cnorm);
	epsa = eps*cnorm;

	//InvC・rvecの計算
	PreVecCalc(Nall, rvec, pvec);

	ic = 0;
	for (int ik = 1; ik <= nk; ik++){

		//TimCal(1, timn);

		b1 = 0;
		for (int i = 1; i <= Nall; i++){
			b1 = b1 + pvec[i] * rvec[i];
			apvec[i] = 0;
		}
		for (int i = 1; i <= Nall; i++){
			for (int kb = Krowpos[i]; kb <= Krowpos[i + 1] - 2; kb++){
				jb = Jcolnum[kb];
				apvec[i] = apvec[i] + Tk[kb] * pvec[jb];
				apvec[jb] = apvec[jb] + Tk[kb] * pvec[i];

			}
			apvec[i] = apvec[i] + Tk[Krowpos[i + 1] - 1] * pvec[i];
		}
		b2 = 0;
		for (int i = 1; i <= Nall; i++){
			b2 = b2 + pvec[i] * apvec[i];

		}
		alp = b1 / b2;

		for (int i = 1; i <= Nall; i++){
			Tf[i] = Tf[i] + alp*pvec[i];
			rvec[i] = rvec[i] - alp*apvec[i];
		}
		//InvC・rvecの計算
		PreVecCalc(Nall, rvec, pvec);

		b1 = 0;
		b2 = 0;
		for (int i = 1; i <= Nall; i++){
			b1 = b1 + crvec[i] * apvec[i];
			b2 = b2 + pvec[i] * apvec[i];
		}
		beta = -b1 / b2;
		b1 = 0;
		for (int i = 1; i <= Nall; i++){
			pvec[i] = crvec[i] + beta*pvec[i];
			b1 = b1 + rvec[i] * rvec[i];
		}
		b1 = sqrt(b1);
		if (b1 <= epsa){
			ic = 1;
			goto exit2;
		}

	}
exit2:

	if (ic == 0){
		cout << "Solver isn't converged" << endl;
	}

	for (int i = 1; i <= Nall; i++){
		Tf[i] = Tf[i] * sd[i];

	}







end:
	int dum1 = 1;
}

void KnumComp(){
	/*********************************************************
	標準モジュールでのプログラム
	節点番号から節点順位への照合計算

	*********************************************************/
	int k, KnumMax;
	KnumMax = 1;
	for (int i = 1; i <= Npoint; i++){
		k = KnumPoint[i];

		if (k > KnumMax){
			KnumMax = k;
		}
	}

	double *KnumPR;
	KnumPR = new double[KnumMax]();

	for (int i = 1; i <= Npoint; i++){
		k = KnumPoint[i];
		KnumPR[k] = i;
	}


}

void BandWidth(int mb){
	/*********************************************************
	フォームモジュールでのプログラム
	バンド幅の計算

	*********************************************************/
	int mx,ib;
	mx = 0;
	ib = 0;
	for (int ie = 1; ie <= Nelem; ie++){
		for (int ii = 1; ii <= 3; ii++){
			int  j,i,k;
			ib = NNelem[ie][ii];
			cout << ib <<endl;
			i = KnumPR[ib];
			for (int jj = ii + 1; jj <= 4; jj++){
				ib = NNelem[ie][jj];
				j = KnumPR[ib];
				k = abs(i - j);
				if (k > mx){
					mx = k;

				}
			}
		}
	}

	mb = Ndim*(mx + 1);


}

void SurfaceSet(int ib, int kb, int *kbuf){
	/*********************************************************
	フォームモジュールでのプログラム
	面の設定
	ib				要素番号
	kbuf[]			面節点の順位番号
	*********************************************************/

		kbuf[1] = NNelem[ib][1];
		kbuf[2] = NNelem[ib][2];
		kbuf[3] = NNelem[ib][3];
		kbuf[4] = NNelem[ib][4];

	for (int j = 1; j <= 4; j++){
		kbuf[j] = KnumPR[kbuf[j]];
	}

}

void InitialSet1(){
	/*********************************************************
	フォームモジュールでのプログラム
	初期設定

	*********************************************************/

	Nvar = 4;
	Nall = Ndim*Npoint;

	//温度固定データの処理
	Nbound = NboundP;

	if (Nbound > 0){
		int k;
		k = 0;
		if (NboundP > 0){
			for (int i = 1; i <= NboundP; i++){
				k = k + 1;
				Nrest[k] = NrestP[i];
				TempFix[k] = TempFixP[i];

			}
		}
	}

		for (int i = 1; i <= Nall; i++){
			Tu[i] = TempInit[i];
		}

	PosGaus[1] = -0.57735026918962576451;
	PosGaus[2] = 0.57735026918962576451;
	WeightG[1] = 1.0;
	WeightG[2] = 1.0;


}

void InitialSet2(){
	/*********************************************************
	フォームモジュールでのプログラム
	初期設定2

	*********************************************************/

	//関連節点数の計算
	int numall, nb, num,ic,ign;
	int *nbuf;
	nbuf = new int[8]();

	numall = 0;
	nb = int(Ndim*(Ndim - 1) / 2);
	for (int ip = 1; ip <= Npoint; ip++){
		for (int j = 1; j <= ip; j++){
			nbuf[j] = 0;
		}
		for (int ie = 1; ie <= Nelem; ie++){
			ic = 0;
			for (int ii = 1; ii <= 4; ii++){
				if (KnumPR[NNelem[ie][ii]] == ip){
					ic = 1;
					goto out;
				}
			}
		out:
			int dummy = 1;
		}
		num = 0;
		for (int j = 1; j <= ip; j++){
			if (nbuf[j] > 0){
				num = num + 1;

			}
		}
		numall = numall + num*Ndim*Ndim - nb;

	}

	NumEff = numall;

	//保存配列との関連付け

	numall = 0;
	nb = 0;
	for (int ip = 1; ip <= Npoint; ip++){
		for (int j = 1; j <= ip; j++){
			nbuf[j] = 0;

		}
		for (int ie = 1; ie <= Nelem; ie++){
			int ic;
			ic = 0;
			for (int ii = 1; ii <= 4; ii++){
				if (KnumPR[NNelem[ie][ii]] == ip){
					ic = 1;
					goto out2;
				}
			}
		out2:
			int dummy2 = 1;
			if (ic > 0){
				for (int ii = 1; ii <= 4; ii++){
					int ib;
					ib = KnumPR[NNelem[ie][ii]];
					nbuf[ib] = 1;

				}
			}
		}

		for (int id = 1; id <= Ndim; id++){
			int jb;
			jb = 0;
			nb = nb + 1;
			Krowpos[nb] = numall + 1;
			for (int j = 1; j <= ip; j++){
				if (nbuf[j] > 0){
					int k2;
					if (j == ip){
						k2 = id;
					}
					else{
						k2 = Ndim;
					}

					for (int k = 1; k <= k2; k++){
						jb = jb + 1;
						numall = numall + 1;
						Jcolnum[numall] = jb;

					}
				}

				else{
					jb = jb + Ndim;
				}
			}
		}

		if (ip == Npoint){
			Krowpos[nb + 1] = numall + 1;

		}
	}

}

void RestCond(int k, int mb, double ub){
	/*********************************************************
	フォームモジュールでのプログラム
	拘束条件処理
	k			変数番号
	mb			ハーフバンド幅
	ub			拘束値
	*********************************************************/
	int mx, it;
	if (k > 1){
		for (int kb = Krowpos[k]; kb <= Krowpos[k + 1] - 2; kb++){
			if (kb > 0){
				if (!ub == 0){
					it = Jcolnum[kb];
					Tf[it] = Tf[it] - Tk[kb] * ub;

				}
				Tk[kb] = 0;
			}

		}
	}

	if (k < Nall){
		mx = mb;
		if (k + mb - 1 > Nall){
			mx = Nall - k + 1;

		}
		for (int j = 2; j <= mx; j++){
			int kb;
			kb = 0;
			StoreIndex(k + j - 1, k, kb);
			//保存配列位置の算出

			if (kb > 0){
				if (!ub == 0){
					it = k + j - 1;
					Tf[it] = Tf[it] - Tk[kb] * ub;

				}
				Tk[kb] = 0;
			}
		}
	}
	int kb;
	kb = Krowpos[k + 1] - 1;
	Tk[kb] = 1;
	Tf[k] = ub;


}

void Store(){
	/*********************************************************
	フォームモジュールでのプログラム
	全体マトリックスへの蓄積

	*********************************************************/

	for (int i = 1; i <= Nvar; i++){
		for (int j = 1; i <= i; j++){
			int it, jt, ib;
			it = NPrefer[i];
			jt = NPrefer[j];

			if (it < jt){
				ib = it;
				it = jt;
				jt = ib;

			}
			int kb;
			kb = 0;
			StoreIndex(it, jt, kb);
			//保存配列位置の算出
			Tk[kb] = Tk[kb] + Ek[i][j];
		}
	}

}

void TimCal(int Ktime, double timn$){
	/*********************************************************
	フォームモジュールでのプログラム
	タイマー計算のためのプログラム
	Ktime			時間継続指定(0:時間クリアする 1:時間継続する)
	timn$			時分秒に換算した経過時間

	*********************************************************/

	double rtime, rmin, rhour, sec;
	rtime = 0;
	//時間計測?
	rtime = clock();
	rtime = rtime / CLOCKS_PER_SEC;
	timn$ = rtime;

	if (Ktime > 0){
		sec = rtime - timst;

		do{
			if (sec < 0){
				sec = sec + 86400;
			}
		} while (sec < 0);

		rhour = int(sec / 3600);
		sec = sec - rhour * 3600;
		rmin = int(sec / 60);
		sec = int(sec - rmin * 60);
		cout << rhour << "時間" << rmin << "分" << sec << "秒" << endl;
	}
	else{
		timst = rtime;
	}



}

void ResFile1(){
	/*********************************************************
	フォームモジュールでのプログラム
	結果ファイルへの出力1

	*********************************************************/
	ofstream fout("result.dat");
	if (!fout){
		cout << "File for saving data cannot be opened !" << endl;
	}

	fout << "<<2次元定常熱伝導解析の計算結果>>" << endl;
	if (Mstat == 0){
		fout << "解析種類 (定常)" << endl;
	}
	else if (Mstat == 1){
		fout << "解析種類 (非定常)" << endl;
	}
	fout << "------------------------------------------------------------------------" << endl;

}

void ResFile2(int mb){
	/*********************************************************
	フォームモジュールでのプログラム
	結果ファイルへの出力2
	mb			ハーフバンド幅
	*********************************************************/
	ofstream fout("result.dat");
	if (!fout){
		cout << "File for saving data cannot be opened !" << endl;
	}

	fout << "***計算結果***" << endl;
	fout << "バンド幅" << mb << endl;
	fout << "保存配列のインデックス数" << NumEff << endl;


}

void ResFile3(int itime, int icycle, int istep){
	/*********************************************************
	フォームモジュールでのプログラム
	結果ファイルへの出力3
	itime			時間メッシュ番号
	*********************************************************/
	ofstream fout("result.dat");
	if (!fout){
		cout << "File for saving data cannot be opened !" << endl;
	}

	fout << "<節点番号,温度>" << endl;
	for (int ip = 1; ip <= Npoint; ip++){
		double b1, b2;
		int i1, z1;

		b1 = Tu[ip];
		i1 = int(b1);
		b2 = b1 - i1;

		z1 = int(b2 * 100) / 100 + i1;

		fout << KnumPoint[ip] << setw(4) << "" << z1 << endl;
	}

}

void FormActivate(){


	double timn$, rmesh;
	int  icycle, itime;
	rmesh = 0;
	timn$ = 0;
	istep = 0;
	icycle = 0;

	//TimCal(0, timn$);
	//cout << "計算実行中" << endl;
	//cout << "しばらくお待ちください" << endl;
	//cout << "" << endl;

	//節点番号から節点順位への照合計算
	//KnumComp();
	//結果ファイルへの出力
	//ResFile1();
	//cout << "初期設定処理" << endl;

	//TimCal(1, timn$);

	//cout << "経過時間" << timn$ << endl;
	//初期設定
	InitialSet1();

	//バンド幅の計算
	BandWidth(mb);

	//初期設定2
	InitialSet2();

	//結果ファイルへの出力2
	ResFile2(mb);

	itime = 0;
	istep = 1;

	cout << "要素計算中" << endl;

	TimCal(1, timn$);


	for (int ie = 1; ie <= Nelem; ie++){
		//要素マトリックスの計算
		ElemMatrix(ie);
		//全体マトリックスへの蓄積
		Store();

	}
	int icheck;
	icheck = 0;

	if (Nbound > 0){
		for (int ib = 1; ib <= Nbound; ib++){
			int ix, ii, k;
			double ub;
			ix = Nrest[ib];
			ii = KnumPR[ix];
			k = Ndim*(ii - 1) + 1;
			ub = TempFix[ib];

			//拘束条件処理
			RestCond(k, mb, ub);

		}
	}

	//ICCG法ソルバー計算
	ICCGsolver(mb);

	for (int i = 1; i <= Nall; i++){
		Tu[i] = Tf[i];

	}

	//定常の場合
	if (Mstat == 0){
		//結果ファイルへの出力3
		ResFile3(itime, icycle, istep);

		//進行表示
		icheck = 1;

	}

	TimCal(1, timn$);

	cout << "計算終了" << endl;
	cout << "計算結果をファイルへ出力しました。" << endl;



}

void output(){

}

int main(){

	//変数の設定
	variable();
	//データの入力
	input();

	//計算の制御
	FormActivate();
	//計算結果の出力
	output();

}


アバター
へにっくす
記事: 630
登録日時: 8年前
住所: 東京都

Re: アクセス違反のエラーの解決法求む

#8

投稿記事 by へにっくす » 5年前

misoshiru さんが書きました:へにっくすさん コメントありがとうございます。
「C/C++言語の配列の添え字は0から始まる」ということは知識としては聞いたことがあるので知ってはいます。

現在コード作成の際に文献などのサンプルコード(Fortran,Visual Basicでかかれたもの)をベタ打ちに近い形で書いているためfor文も
for(i=0;i<5;i++)ではなくfor(i=1;i<=5;i++)としている、という状況です。鳴れた方からすると、気持ち悪い書き方かもしれません。申し訳ありません。

最終的にはそのようにコード全体を変更しなければいけないのだろうな、と感じてはいます。
書き方うんぬんではなく、やってはいけないことだから、C/C++言語の基本を分かってるかと聞いたのですが。
何を勘違いしてるんですか?全然分かってないですね。
int a[5];
と宣言したら、使用できるのは、a[0]~a[4]であって、
a[1]~a[5]ではありません(だからfor文も自然とfor(i=0;i<5;i++)という形になります)。
a[5]にアクセスしたら範囲外です。
あなたが最初の投稿で記述したアクセス違反の原因を指摘してるのに、スルーしてどうするんですか。
書き直してください。
written by へにっくす

アバター
みけCAT
記事: 6252
登録日時: 9年前
住所: 千葉県
連絡を取る:

Re: アクセス違反のエラーの解決法求む

#9

投稿記事 by みけCAT » 5年前

misoshiru さんが書きました:最終的にはそのようにコード全体を変更しなければいけないのだろうな、と感じてはいます。
アドバイスはしました。コード全体ではなく、配列を確保する部分のみ書き換えればいいかもしれません。
もちろん、わかりにくくなかったら1~Nの添字が使えないなんていうことはありません。
みけCAT さんが書きました:
へにっくす さんが書きました:えーとまず言えることは、C/C++言語の配列の添え字は0から始まるのは分かっていますか?
わかりにくければ、N+1要素確保することで1~N (inclusive)の添字を使うことも可能です。
複雑な問題?マシンの性能を上げてOpenMPで殴ればいい!(死亡フラグ)

アバター
みけCAT
記事: 6252
登録日時: 9年前
住所: 千葉県
連絡を取る:

Re: アクセス違反のエラーの解決法求む

#10

投稿記事 by みけCAT » 5年前

もしくは、1-originでアクセスできる「配列」クラスを作るという方法もあります…が、素直にnewで確保する要素数を増やす方がいいでしょう。

コード:

#include <cstdio>

template<class T>
class OneOriginArray {
  private:
    T* p;
  public:
    OneOriginArray(size_t size = 1) {
      p = new T[size];
    }
    ~OneOriginArray() {
      delete[] p;
    }
    T& operator[](int idx) {
      return p[idx - 1];
    }
    const T& operator[](int idx) const {
      return p[idx - 1];
    }
    operator T* () {
      return p;
    }
};

int main(void) {
  OneOriginArray<int> a(5);
  int* v = (int*)a;
  for (int i = 0; i < 5; i++) {
    v[i] = i;
  }
  for (int i = 1; i <= 5; i++) {
    printf("a[%d] = %d\n", i, a[i]);
  }
  return 0;
}
複雑な問題?マシンの性能を上げてOpenMPで殴ればいい!(死亡フラグ)

閉鎖

“C言語何でも質問掲示板” へ戻る