Catmull-Rom Spline

みんなが作った便利な関数やサンプルを共有するコミュニティです。
[url]http://www.activebasic.com/forum/viewforum.php?f=2]ActiveBasicの「実践コードモジュール」[/url]的な感じでやりましょう。
フォーラム(掲示板)ルール
・投稿するコードはできるだけ一つ、もしくは一つの関数を補助する複数の関数の形式にするか、
それだけをコンパイルして動くソースコード一式の形にしてください。
記事には説明だけを書き、コードは添付ファイルにしてもかまいません。
・使い方などの説明も書いてください。
環境に依存するコードの場合は、対象の環境も書いてください。
・使用条件(ライセンスなど)も書いていただけるとありがたいです。
・C言語、もしくはC++推奨ですが、他の言語でもかまいません。
・コードは正しくcodeタグで囲みましょう。
・一つのスレッドで一つのサンプルが基本です。
関連するサンプルの場合はまとめてもかまいません。
・投稿したサンプルを修正する場合には、スレッドの返信の形で投稿してください。
(新しいスレッドにしないでください。記事の編集でもかまいません)
返信
アバター
usao
記事: 1564
登録日時: 6年前

Catmull-Rom Spline

#1

投稿記事 by usao » 6年前

参加しましたのでちょっとしたものを.

Catmull-Rom Spline.
全ての制御点の上を通る曲線(の上の点)が簡単に求まるので便利.
(数式とか曲線具合は検索すると見つかります.)

コード:

//Catmull-Rom Splineの,ある区間(隣接する制御点間)のカーブ(上の離散点位置)を計算する.
//
//・制御点[i]~制御点[i+1]までの区間を,"i番目"の区間とする.
//・両端の制御点位置での傾きは関数内でてきとーに決定されるが,
//  自分で制御したい場合には,両端の外側にもう一個それ用のダミー制御点を用意すればできると思われ.
//
//< template引数 >
//  VEC     : 制御点の座標を表すための型.例えば2次元や3次元のベクトル.
//            この型は,関数内で使う以下のoperator等をサポートしていなくてはならない.
//            ・VEC型同士の代入,コピーコンストラクタ
//            ・VEC型同士の加算(+, +=),減算(-)
//            ・VEC型 = VEC型 * double型定数  乗算(* : 定数は右からかける)
//
//[戻り値]
//  成功時はtrue,失敗時はfalseを返す.
//  なお,falseを返した場合,結果格納コンテナの内容状態はいじられない.
template < class VEC >
bool CalcCRSplineCurveSegment(
    const std::vector<VEC> &rControlPoints, //制御点列
    size_t SegmentIndex,    //計算する区間を指定.( 0 <= val <= rControlPoints.size()-2 )
    size_t nCurvePoints,    //求める点の個数(区間両端の制御点を含む個数)( 3 <= val )
    std::vector<VEC> &rDstCurvePoints   //結果座標群受取用
    )
{
    if( rControlPoints.empty()  ||  nCurvePoints<3 )return false;
    const size_t nCPs = rControlPoints.size();
    if( SegmentIndex+1 >= nCPs )return false;

    const VEC &P0 = rControlPoints[SegmentIndex];
    const VEC &P1 = rControlPoints[SegmentIndex+1];
    const VEC Slope0 = ( P1 - (   SegmentIndex>0   ?   rControlPoints[SegmentIndex-1]   :   P0   ) ) * 0.5;
    const VEC Slope1 = ( (   SegmentIndex+2 < nCPs   ?   rControlPoints[SegmentIndex+2]   :   P1   ) - P0 ) * 0.5;

    // t = 0.0 ~ 1.0 : 区間内での位置を表す媒介変数
    //
    //                             |  1  0   0   0 | |   P0   |
    // Pos(t) = [ 1  t  t^2  t^3 ] |  0  0   1   0 | |   P1   |
    //                             | -3  3  -2  -1 | | Slope0 |
    //                             |  2 -2   1   1 | | Slope1 |
    const VEC Tmp[3] = {
        //P0,
        Slope0,
        (P0 * -3.0) + (P1 * 3.0)  + (Slope0 * -2.0) - Slope1,
        (P0 * 2.0)  + (P1 * -2.0) + Slope0 + Slope1
    };

    rDstCurvePoints.resize( nCurvePoints );
    const size_t nMinus1 = nCurvePoints - 1;
    rDstCurvePoints[0] = P0;
    rDstCurvePoints[nMinus1] = P1;

    double coeff[3];// = { 1.0, 0,0,0 };

    for( size_t i=1;    i<nMinus1;  i++ )
    {
        coeff[0] = (double)i / nMinus1; //t
        coeff[1] = coeff[0] * coeff[0]; //t^2
        coeff[2] = coeff[1] * coeff[0]; //t^3

        VEC Pos = P0;
        for( int j=0; j<3; j++ )
        {
            Pos += ( Tmp[j] * coeff[j] );
        }
        rDstCurvePoints[i] = Pos;
    }

    return true;
}

返信

“サンプルを共有するコミュニティ” へ戻る