レトロ風のミニゲーム作ってみました

自分で作ったゲームや動画、面白いネタをみんなに宣伝しましょう!
また、気軽に作品の感想をコメントで残してあげて下さい。
大熊猫
記事: 16
登録日時: 9年前
住所: 東京
連絡を取る:

レトロ風のミニゲーム作ってみました

#1

投稿記事 by 大熊猫 » 7年前

今回は「Tetrangle」という、レトロスタイルの(絵が描けない事の言い訳)ミニゲームを作ってみました。

ゲームの内容はQixとテトリスを合わせたようなゲームです。
ゲーム内で空間を切り取り、切り取った空間をブロックに変換し、積み上げていくゲームです(多分動画を見た方がわかりやすいです)。

古いバージョンの動画:
[youtube][/youtube]

ここからダウンロード出来ます:
- http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/g ... 94765.html

バグ、不具合、感想、意見があればを聞かせてもらえると嬉しいです。
“Good code is its own best documentation.” (Steve McConnell)

アバター
SAI
記事: 115
登録日時: 9年前
住所: はひほーひ

Re: レトロ風のミニゲーム作ってみました

#2

投稿記事 by SAI » 7年前

インストールを終えて、起動しようと思ったのですがエラーが出て起動できませんでした。
OSはwindows7です。
添付ファイル
t.jpg
t.jpg (62.97 KiB) 閲覧数: 3820 回
Alea jacta est !

大熊猫
記事: 16
登録日時: 9年前
住所: 東京
連絡を取る:

Re: レトロ風のミニゲーム作ってみました

#3

投稿記事 by 大熊猫 » 7年前

>>SAIさん
報告ありがとうございます。
忘れてましたが、XNAの動作環境は結構ハードルが高いみたいです orz
お手数ですが、良かったらこちらのバージョンを試してみてください:

日本語版 - http://www.mediafire.com/?g116qm0s8d9p16r
英語版 - http://www.mediafire.com/download.php?ccrujfco9e788q4

===追記===
間違えて英語版を上げていたので、日本語版のリンクも追加しました
最後に編集したユーザー 大熊猫 on 2012年1月13日(金) 22:53 [ 編集 1 回目 ]
“Good code is its own best documentation.” (Steve McConnell)

アバター
SAI
記事: 115
登録日時: 9年前
住所: はひほーひ

Re: レトロ風のミニゲーム作ってみました

#4

投稿記事 by SAI » 7年前

動きました!
遊ばせていただきましたが面白いシステムですね!
英語が読めなくて最初チュートリアルが全然理解できなかったのは内緒orz

対人戦だとすごく白熱しそうですが、CPUが相手だと弱くて面白くありませんね・・・。
こちらが大きなブロックを作ろうとすると妨害してきたり、とにかくたくさんのブロックを作ろうとしてきたり、などのAIがあるだけでかなり違ってくるのではと思います。
対人がメインだと思うのであまり参考にはならないと思いますが・・・。

対戦する相手がいまへん・・・(´・ω・`)
Alea jacta est !

大熊猫
記事: 16
登録日時: 9年前
住所: 東京
連絡を取る:

Re: レトロ風のミニゲーム作ってみました

#5

投稿記事 by 大熊猫 » 7年前

>>SAIさん
感想ありがとうございます。
なるほど、AIはもうちょっといじった方が良いみたいですね、今度やってみます。

>>英語に関して
ビルドオプション変えるの忘れてたぁ!! orz
日本語版も上げておきました。
“Good code is its own best documentation.” (Steve McConnell)

アバター
ぱにしん
記事: 58
登録日時: 8年前
住所: 滋賀

Re: レトロ風のミニゲーム作ってみました

#6

投稿記事 by ぱにしん » 7年前

遊ばせて頂きました!
チュートリアルがわかりやすくて良かったと思います。
でも対戦する人が(ry

私もQixもどき作ってたんですが、先を越されちゃいました・・・
どうにも囲まれたって判定がよく分からないです。
これは座標毎に判定取ってるんでしょうか・・・?

大熊猫
記事: 16
登録日時: 9年前
住所: 東京
連絡を取る:

Re: レトロ風のミニゲーム作ってみました

#7

投稿記事 by 大熊猫 » 7年前

>>ぱにしんさん
感想ありがとうございます。
自分もテスト時に一人四役を・・・なんでもないです。

囲まれた時の判定は、自分の書き方が汚いせいで細かく説明すると長くなるのでざっくりとした手順だけ書いときます:
- 方向転換した時、位置を保存
- 囲まれたかの確認の際には、最後の3回の方向転換した位置と、現在の位置を保存。
- プレイヤーの位置と方向転換した位置の関係によって長方形が出来ているかの確認方法を変える。
- 確認には、渡された4つの座標から時計回りと、逆時計回りに長方形が出来るかを確認する別々の関数を作る。
- プレイヤーの位置によって、どちらを呼ぶのかと、渡す座標の順番を変える。
- 長方形が出来ている場合、外枠と中身を埋める。

多分本家のQixとは囲いのルールが違うので、これは長方形に限定された確認方法です。
上に書いたのはあまり中身が無い説明になった気がするので、この中で知りたい事があったらまたお聞きください。
“Good code is its own best documentation.” (Steve McConnell)

アバター
ぱにしん
記事: 58
登録日時: 8年前
住所: 滋賀

Re: レトロ風のミニゲーム作ってみました

#8

投稿記事 by ぱにしん » 7年前

>大熊猫さん
いえ、参考になりました!
私のも点を保存して長方形を取るタイプのものを考えていたのですが、確かに最後の4点だけ調べれば済む話でした。
自分の場合はXもしくはYが一致している点を再起で上げて・・・ってしてたんですが、これだと通った全部の点調べることになりますからね(苦

返信

“作品お披露目掲示板” へ戻る