コンパイラの字句解析プログラムについて

フォーラム(掲示板)ルール
フォーラム(掲示板)ルールはこちら  ※コードを貼り付ける場合は [code][/code] で囲って下さい。詳しくはこちら
toma

コンパイラの字句解析プログラムについて

#1

投稿記事 by toma » 6年前

いかに示すプログラムでわからない点があるのでご教授お願いします。

1)intValを計算している部分をどこなのか抜粋せよ。

2)キーワードと識別子の区別をするために用いているテーブルはどれか?
また、識別する関数はどれか?

この2点についてお願いします。
ソースコードはこちらです。

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <string.h>
#include <ctype.h>

typedef enum { /* トークンの種類等 */
Lparen, Rparen, Plus, Minus, Multi, Divi, Equal, NotEq,
Less, LessEq, Great, GreatEq, SngQ, DblQ, Assign, Semicolon,
If, Else, Puts, Ident, IntNum,
String, Letter, Digit, NulKind, EofTkn, Others, END_list
} Kind;

#define ID_SIZ 31 /* 識別子長さ */
#define TEXT_SIZ 100 /* 文字列長さ */
typedef struct {
Kind kind; /* トークンの種類 */
char text[TEXT_SIZ+1]; /* トークン文字列 */
int intVal; /* 定数のときその値 */
} Token;

void initChTyp(void);
Token nextTkn(void);
int nextCh(void);
int is_ope2(int c1, int c2);
Token set_kind(Token t);
void err_exit(char *s);

Kind ctyp[256]; /* 文字種表 */
Token token; /* トークン格納 */
FILE *fin; /* ファイル処理 */

struct { /* 字句と種別の対応 */
char *ktext; /* 字句 */
Kind kkind; /* 種別 */
} KeyWdTbl[] = {
{"if" , If }, {"else", Else },
{"puts", Puts },
{"(", Lparen }, {")", Rparen },
{"+", Plus }, {"-", Minus },
{"*", Multi }, {"/", Divi },
{"==", Equal }, {"!=", NotEq },
{"<", Less }, {"<=", LessEq },
{">", Great }, {">=", GreatEq },
{"=", Assign }, {";", Semicolon },
{"", END_list},
};

int main(int argc, char *argv[])
{
if (argc == 1) exit(1);
if ((fin=fopen(argv[1],"r")) == NULL) exit(1);

printf("text kind intVal\n");
initChTyp();
for (token = nextTkn(); token.kind != EofTkn; token = nextTkn()) {
printf("%-10s %3d %d\n", token.text, token.kind, token.intVal);
}
return 0;
}

void initChTyp(void) /* 文字種表設定 */
{
int i;

for (i=0; i<256; i++) { ctyp = Others; }
for (i='0'; i<='9'; i++) { ctyp = Digit; }
for (i='A'; i<='Z'; i++) { ctyp = Letter; }
for (i='a'; i<='z'; i++) { ctyp = Letter; }
ctyp['_'] = Letter; ctyp['='] = Assign;
ctyp['('] = Lparen; ctyp[')'] = Rparen;
ctyp['<'] = Less; ctyp['>'] = Great;
ctyp['+'] = Plus; ctyp['-'] = Minus;
ctyp['*'] = Multi; ctyp['/'] = Divi;
ctyp['\''] =SngQ; ctyp['"'] = DblQ;
ctyp[';'] = Semicolon;
}

Token nextTkn(void) /* トークン取得. 漢字やエスケープ文字は非対応 */
{
Token tkn = {NulKind, "", 0};
int ct, num, errF = 0;
char *p = tkn.text, *p_31 = p+ID_SIZ, *p_100 = p+TEXT_SIZ;
static int ch = ' '; /* staticで前回文字を保持 */

while (isspace(ch)) { ch = nextCh(); } /* 空白読み捨て */
if (ch == EOF) { tkn.kind = EofTkn; return tkn; }

switch (ctyp[ch]) {
case Letter: /* 識別子 */
for ( ; ctyp[ch]==Letter || ctyp[ch]==Digit; ch=nextCh()) {
if (p < p_31) *p++ = ch; /* 識別子は最大31文字まで有効 */
}
*p = '\0';
break;
case Digit: /* 数字 */
for (num=0; ctyp[ch]==Digit; ch=nextCh()) {
num = num*10 + (ch-'0');
}
tkn.kind = IntNum;
tkn.intVal = num; /* 値格納 */
break;
case SngQ: /* 文字定数 */
ct = 0;
for (ch=nextCh(); ch!=EOF && ch!='\n' && ch!='\''; ch=nextCh()) {
if (++ct == 1) *p++ = tkn.intVal = ch; else errF = 1;
}
*p = '\0';
if (ch == '\'') ch = nextCh(); else errF = 1;
if (errF) err_exit("不正な文字定数");
tkn.kind = IntNum; /* 整数定数として処理 */
break;
case DblQ: /* 文字列定数 */
for (ch=nextCh(); ch!=EOF && ch!='\n' && ch!='"'; ch=nextCh()) {
if (p >= p_100) errF = 1; else *p++ = ch;
}
*p = '\0';
if (errF) err_exit("文字列リテラルが長すぎる");
if (ch != '"') err_exit("文字列リテラルが閉じていない");
ch = nextCh();
tkn.kind = String;
break;
default: /* 記号 */
*p++ = ch; ch = nextCh();
if (is_ope2(*(p-1), ch)) { *p++ = ch; ch = nextCh(); }
*p = '\0';
}
if (tkn.kind == NulKind) tkn = set_kind(tkn);
if (tkn.kind == Others) {
printf("不正なトークンです(%s)\n", tkn.text); exit(1);
}
return tkn;
}

int nextCh(void) /* 次の1文字 */
{
static int c = 0;
if (c == EOF) return c;
if ((c=fgetc(fin)) == EOF) fclose(fin); /* 終了 */
return c;
}

int is_ope2(int c1, int c2) /* 2文字演算子なら真 */
{
char s[] = " ";
s[1] = c1; s[2] = c2;
return strstr(" <= >= == != ", s) != NULL;
}

Token set_kind(Token t)
{
int i;
char *s = t.text;

t.kind = Others;
for (i=0; KeyWdTbl.kkind != END_list; i++) {
if (strcmp(s, KeyWdTbl.ktext)==0) {
t.kind = KeyWdTbl.kkind; return t;
}
}
if (ctyp[*s] == Letter) t.kind = Ident;
else if (ctyp[*s] == Digit) t.kind = IntNum;
return t;
}

void err_exit(char *s)
{
puts(s); exit(1);
}

アバター
みけCAT
記事: 6247
登録日時: 9年前
住所: 千葉県
連絡を取る:

Re: コンパイラの字句解析プログラムについて

#2

投稿記事 by みけCAT » 6年前

課題の丸投げは禁止です。
コードを提示するときは、BBcodeを有効にした状態でcodeタグで囲み、
かつきちんとインデントをしていただけると、見やすくて助かります。
複雑な問題?マシンの性能を上げてOpenMPで殴ればいい!(死亡フラグ)

アバター
へろりくしょん
記事: 92
登録日時: 9年前
住所: 福岡

Re: コンパイラの字句解析プログラムについて

#3

投稿記事 by へろりくしょん » 6年前

toma さんが書きました:1)intValを計算している部分をどこなのか抜粋せよ。

2)キーワードと識別子の区別をするために用いているテーブルはどれか?
また、識別する関数はどれか?

この2点についてお願いします。

code タグが使われていないので、行番号が分かりませんが。

1)は、Token nextTkn(void) 関数内の、case Digit: 文の、
for (num=0; ctyp[ch]==Digit; ch=nextCh()) {
  num = num*10 + (ch-'0');
}
の、所です。


2)は、KeyWdTbl テーブルを用いて、Token set_kind(Token t) 関数で判定しています。


ところで、これは学校の課題か何かでしょうか。
もしそうならば、学校の先生がこのコードを用意したのでしょうか。 学校の先生が書いたのでしょうか。

非常に気になります。

閉鎖

“C言語何でも質問掲示板” へ戻る