合計 昨日 今日

Hiragi(GKUTH)の日常
理系大学生の日記
アバター
Hiragi(GKUTH)
 
記事: 166
登録日時: 2010年10月16日(土) 20:10
お住まい: 大阪府
日記: 日記を見る (100)
日記
- 7月 2017
ネットワークに興味を持ち始める (2)
   2017年7月17日(月) 19:55
ファイル分割と循環参照 (3)
   2017年7月07日(金) 21:54

+ 5月 2017
+ 4月 2017
+ 3月 2017
+ 1月 2017
+ 10月 2016
+ 6月 2016
+ 5月 2016
+ 3月 2016
+ 2月 2016
+ 11月 2015
+ 10月 2015
+ 9月 2015
+ 8月 2015
+ 7月 2015
+ 5月 2015
+ 4月 2015
+ 3月 2015
+ 2月 2015
+ 1月 2015
+ 11月 2014
+ 10月 2014
+ 9月 2014
+ 8月 2014
+ 7月 2014
+ 6月 2014
+ 4月 2014
+ 3月 2014
+ 2月 2014
+ 1月 2014
+ 12月 2013
+ 9月 2013
+ 8月 2013
+ 7月 2013
+ 6月 2013
+ 5月 2013
+ 4月 2013
+ 3月 2013
+ 10月 2012
+ 8月 2012
+ 7月 2012
+ 6月 2012
+ 5月 2012
+ 4月 2012
+ 11月 2010
+ 10月 2010
カテゴリー
日常
2 記事
勉強
1 記事
フィード
次へ

ネットワークに興味を持ち始める

パーマリンクby Hiragi(GKUTH) on 2017年7月17日(月) 19:55

 題の通りそのままです。大学で俗に言うe-Learningなるものが導入されており、ソレが面倒いのでなんとか自動化出来ないものかと(不純な動機)から興味が湧いてきました。
とりあえずWiresharkなるパケットキャプチャ出来る有名なソフトがありましたので導入、e-Learningのサイトがまさかの全て平文やり取りだったので、何もしないでも
流れてくるパケットを眺めると様々なPOSTやらGETやらを見れたり、その応答も平文でしたので答えなどが筒抜け状態になっていました。

 そこで、以前ちょいとPythonでHTMLの解析とか勉強しとったので適当にリクエストぶん投げまくって自動化出来ないかーーと試行錯誤しております。
セキュリティ的に見てグレーなのだろうか...?まだ実行などはしとらんので分からない、とまぁとりあえずネットワークに興味を持ったよという話でした。
他にも色々勉強したい!!  でも試験期間中なので程々にしよう

コメント数: 2 閲覧数: 1200

ファイル分割と循環参照

パーマリンクby Hiragi(GKUTH) on 2017年7月07日(金) 21:54

 以前STG作っておったんですけど、ある程度したところでSiv3Dに面白そうな機能があることに気付いてしまい、DxLib->Siv3Dしてます。
面白そうな機能とはライブラリで標準搭載されている「シーン管理システム」と「タスクシステム」、そして「エフェクトシステム」です。面白そうでしょう?
今までは自前でこのような物を用意しなければいけないため、そちらに労力と取られたり、つか理解が難しくて中々ゲーム自体の制作が進まないということに陥ります。
なわけで導入してみたのですが...

 ファイル分割に関して壁にぶち当たってしまった!必要に応じてファイルを分割してもどうしても循環参照が発生してしまってなんともならん。
コレはどのようにすれば良いのだろうか、ゲームを作るにおいて難しいのは何方かというとゲームロジック自体と言うよりゲームプログラムの全体的な設計だなぁ
と痛感する今日このごろ。

コメント数: 3 閲覧数: 1330

初めてハッカソンに行って来た

パーマリンクby Hiragi(GKUTH) on 2017年5月29日(月) 23:03

 最近、サークルの先輩からハッカソンへのお誘いがあり、高校からの友達を連れて関西某所にハッカソンをしてまいりました。
今回ハッカソンを主催していたのは学生が主体となった団体で、初心者歓迎などと書いていたため、せっかくなのでいってみようと思いました。
内容はゲームで、お題が与えられてそれを7時間かそこらで作成する、と言うものでした。

 で、初心者歓迎と書いていたので余裕だろとか思って言ってみたんですが、いざ行ってみると結構即戦力が求められていてかなり焦りました。
ここ数年で一番焦った気がする...ともかくハッカソンに関しては絵はまだしもプログラマとして行くのであれば初心者歓迎の文字に釣られると
とても焦りますし、色々と他人にも迷惑をかけてしまうということがわかりました。

 お題から制作するゲームがパズルゲーになったのですが、これまでパズルゲーなど作ったことがなかったので最初動すれば良いかわからず
焦りまくっていました、が、友人がちょくちょくアイディアを出してくれて、それを実装しつつコーディングしていった結果、一応最後には
ゲームとしてギリギリ成り立つようなモノが作れてホッとした気持ちです。デザイナーさんとかはとても技術があった反面、プログラマが
こんなザマで本当に申し訳ない気持ちになりました。同時にノウハウの大切さと以下に自分に技術力が無いのかを思い知らされました。
もっと色々な分野のプログラミングをして、様々なノウハウを習得していかなけれがいけないと思った次第です...

 しかしながら7時間ほぼぶっ続けでコーディングするなどそうそうない経験で、いろいろな点で良い経験になったと感じました。
もうちょっと技術や度胸がついたら他のハッカソンにも参加してみたいと思います。なんだかんだで楽しい一日でした。

コメント数: 0 閲覧数: 1390

STG作成日記の続き

パーマリンクby Hiragi(GKUTH) on 2017年5月20日(土) 10:40

 大学生になってからちょっとづつコード組んだりして受験で出来ていなかった分のリハビリをしておりまして、
数年前にSTG作成してたのですが、ソレはもう見れたもんじゃなかったので新しく一から作り直して、ようやくなんとなくSTGっぽい見た目になってきたので
ちょっくら公開してみようかと思います。
 大学のサークルでゲームを作る(?)ようなサークルに入って見たのでそこでも公開できたらなぁと、あと先輩方にC++とDxLibで作ってると言ったら
マゾかよなどと言われてしまいました...時代はUnity/Unreal Engineなのでしょうか、でもせっかくなんでこのままC++で作っていきたいと思います。
とりあえず動画をば。



今回は弾画像は自分で作ってみました。他にもエフェクトやらも描きたいなぁと思ったり。絵は点でダメなのでそこら辺はフリー素材でなんとかしようと思います。
大学がAdobe Cloudのライセンスを渡してくれたのでIllustratorやら何やらを駆使したいんですが、中々使い方が難しくて困っているところです。

コメント数: 2 閲覧数: 1640

ZenBook 3 (UX390UA) を買ったのでレビュー

パーマリンクby Hiragi(GKUTH) on 2017年5月04日(木) 17:14

 大学生になってある程度講義などを受けたりしてきましたが、ラップトップがあればいいなぁという場面が増えてきたので思い切って買ってしまいました。
MacBookも考えましたが、性能比で値段が少し高かったのでZenbookを選択しました。

 ここ数年の中でかなり大きな買い物になったので、記念がてらレビューでも書いてみようかなと思います。なお今回買ったモデルは
ASUS ZenBook 3 UX390UA 256GBモデルです。サブ機ですしそれほど大きなストレージは必要ないと判断しこちらのモデルを購入しました。
また、まだ購入して半日程度しかたっておりませんのでファーストインプレッション的な意味合いが強いです。

仕様
Disp:12.5inch 1920x1080 グレアタイプ
CPU:intel Core i5-7200U
iGPU:intel HD Graphics 620
Memory:8GB LPDDR3 @2133MHz
SSD:256GB (たぶんSATA3)
Weight:910g

まずソフマップの箱を開けるとこんな箱が。
画像

そんでその箱を開けるとまた箱
画像

 その箱を開けるとようやく本体が出てきました。ラウンドなんちゃら加工とか言うやつで円形に筋が入っており、反射がきれいです。
撮影のため剝がしましたが、最初はフィルムでおおわれています。
画像

その下にはスリーブ、そんでマニュアルやらケーブル類が入っており、全部出してみるとこんな感じ
画像

 スリーブに本体を入れてみた。スリーブにも本体と同じような(横筋だけど)加工がされており、統一感のあるデザインはカッコいい。
ついでに開け閉めするところはマグネットがついており、パチンとくっつきます。当たり前ですが逆さにして振ったりしても落ちる心配なし。画像

細かいことですが、画面を拭く用のウエス(?)みたいなのが入ってます。
画像

 細かいデザインとか、ASUSのロゴもそうですが、全面アルミボディだそうで、金属の質感が好きな私としてはいい感じです。
また、ディスプレイ横にも金色が入ってたりしてちょっと派手ですがまぁ落ち着いてる方で個人的にはカッコいいと思います。
画像
画像


 そんでキーボードとか、一応横方向にはフルピッチであり、いつもデスクトップを触っている私からしても違和感なくタイピングできます。
個人差があるのでしょうが、私はよく言われるエンターキーが遠いであるとか、スペースが小さいとかの影響は受けませんでした。
むしろアローキーが押しにくくてしょうがない、ノートのモデルとかはコレが多いですししょうがないのでしょうが...
あとバックライト内蔵です、暗いところでも視認できるのはブラインドタッチできるにしてもメリットです。てかかっこいいし。
画像

 拡張性は皆無です。左にステレオミニジャック、右にUSB-Cのポート(ThunderBolt3非対応)が一つだけ、しかし御安心を。
標準USB-C HDMI USB-A(3.1?)にできるハブがついております。私はこれがあれば一応問題なかったので購入しました。
また、純正でもっといっぱいに出来るのも売っています。高いけど。 拡張性がほしいという人には向かないPCです。
にしてもこれも本体と同じような加工がされていていい感じです。
画像

 さて、ここら辺からは起動してからの話。初めに気づいたのは指紋認証があること、これが結構楽だったりする。
そんでプリインストールアプリを消したりいろいろしました。
そこからVisual StudioやらOfficeやらAdobeやら色々インストールしてみて、ストレージは64GBぐらい消費してます。
当分の間は大丈夫そうです。

 ファーストインプレッションなのでこのぐらいで、また使用してみてある程度たったらまた上げるかも。
聞きたいこと等ありましたらコメント欄にてお願いします。
最後に編集したユーザー Hiragi(GKUTH) [ 2017年5月04日(木) 17:15 ], 累計 1 回

コメント数: 0 閲覧数: 1560

オンラインデータ

登録ユーザー: なし