合計 昨日 今日

アバター
やっくん
 
記事: 5
登録日時: 2010年10月13日(水) 16:58
お住まい: 長崎県長崎市
日記: 日記を見る (9)
日記
- 9月 2012
+ 7月 2011
+ 11月 2010
+ 10月 2010
フォロー
カテゴリー
カテゴリに指定された日記はありません
フィード
次へ

Jeff Beyのオブジェクト指向エクササイズ!

パーマリンクby やっくん on 2012年9月14日(金) 04:41

久々にミクプラに来たので日記書いていきます.


まさか,院生の生活がこんなに忙しいとは思わなかった.
院に行く理由がゆっくり自分の趣味をやれるから!なんて思ってたのが甘かった.

学費稼ぐためにプログラマーのバイトをしたり,←(これが一番まずい)
研究室の後輩の面倒を見たり,
学会の準備and参加したり….

忙しいのは悪いことばかりでもない.
去年はゲーム会社のインターンシップに参加したけど,今年はCEDECに参加できた.
長崎から横浜なんて遠いし,お盆シーズンだから旅費と宿泊費高いけどバイトのおかげで!
最新技術にも触れたり,知らないワードで混乱したりしたけど勉強になった.
技術的な話ではグローバルイルミネーションのModularRadianceTransfer(MRT),
プログラミングの題材ではJeffBeyのオブジェクト指向エクササイズの話が面白かった.
スライド:http://www.slideshare.net/MoriharuOhzu/ss-14083300
書籍:ThoughtWorksアンソロジー

JeffBeyのエクササイズを皆さんにご紹介!
9つのプログラミング規約を守ってコードを書くことで真にオブジェクトを理解できるようです.

1.1メソッドにつきインデント1つまで.
2.elseを使わない(else if, switchも)
3.すべてのプリミティブ型をラップする.(intとかfloatとか)
4.1行につきドットは1つまで.
5.名前を省略しない.(変な名前が付くのはコードが悪いという意味)
6.1つのクラスにつきインスタンス変数(メンバ変数)は2つまで.
7.ファーストクラスコレクションを使用する.(std::vectorとか)
8.すべてのエンティティを小さくする.(各クラス50行以内)
9.GetterやSetter(C#ではプロパティ)を使用しない


1000行程度のプログラムをこれを守って作るとオブジェクト指向がわかるようです.
(実際に大きなプロジェクトになると,
6番とか無理があるので全体のルールを少し緩めて規約にすると良いみたい)
どれも辛い内容ですが,私は9番が一番辛いかなと感じました.

皆でLet's exercise!

コメント数: 0 閲覧数: 26108

日記:夏休み

パーマリンクby やっくん on 2011年7月28日(木) 03:16

某ゲーム会社に最終選考で落とされたので、大学院の推薦を受け入学が決定したこの頃。

夏に福岡で複数のゲーム会社が毎年2回行っているインターンシップがあります。

(※インターンシップ:その会社で実際の現場を数週間体験できる)

作品と面接選考の結果、参加させていただけることになりました。

内容はチーム製作で1つの作品を1ヶ月掛けて作るようです。

プログラマー(私)、デザイナーさん、デバッガーさん、プランナーさんと分れています。

何作ることになるのか楽しみ♪

--------

それにしても、最近は様々なことに手を出しすぎてキャパオーバー気味です。

電子情報通信学会のパターン認識コンテスト(静止画像のじゃんけん認識)に参加したり、

オンラインゲーム作るためにネットワークプログラミングやったり、

1ヶ月間インターネット繋げそうにないので、その間にゲーム製作のためのサブツール作りの勉強(C#)をやったり、

ここ1ヶ月で読んだプログラミング書の内容がばらばらだ。

・EffectiveC++
・OpenCV
・UNIXネットワークプログラミング
・オンラインゲームを支える技術
・C#ドリル

さらに、ゲーム製作ツールではデータベースの構築をしたいので御津凪さんに教えていただいたSQLiteも勉強しなきゃ。

大学では3次元の身体動作認識やりたい!ってことでその関連論文も探してよまなきゃ。

昨年よりハードな夏休みになりそうだ。

まぁ、夏休み2ヶ月あるから何とかなるでしょうww

コメント数: 0 閲覧数: 27249

日記:sfl言語によるCPU作り2

パーマリンクby やっくん on 2010年11月10日(水) 00:47

前回はCPUを製作する前の練習だったのですが、その後も電子ピアノの作成なのどの練習を重ね、今回の実験から本格的に製作に入りました。

今日は12個の命令を処理できるALUの製作と、アキュミュレータマシンの製作を行いました。

命令としてはa, bの入力に対し以下のようになっています。
・aをスルー出力
・bをスルー出力
・bの否定
・1ビット左シフト
・1ビット右シフト
・AND
・OR
・NAND
・NOR
・XOR
・加算
・減算(補数計算)

前回も書きましたが、ソフトウェアと違い、クロックのことを考えたり、バスを考えたりとハード面の部分を意識しなければいけないというところが大変ですね><

でも、楽しいです♪

来週は条件分岐を実装するみたいなので楽しみですね。

コメント数: 0 閲覧数: 27377

sfl言語によるCPU作り

パーマリンクby やっくん on 2010年10月27日(水) 00:49

大学のCPU製作実験講義4回目。
CPU製作と言ってもまだ演習ですが(^^;

今日はハードウェア言語のsfl言語を用いて、60分ダウンカウンタを作りました。
sfl言語で記述したソースをvelilogなどに変換してFPGAボード上で動作させます。

<仕様>
・値はFPGAボードのLEDに各数を表示させる
・初期値 00:00'00 でスタート
・↑を1つダウンさせるとこの次は59:59'99になります
・1クロック毎に00:00'01秒ずつ減算(内部では2の補数で加算)
・リセットスイッチを持たせて、押すと初期値に。

sfl言語は私の大学の教授が某会社に居るときに作ったとか。
sfl言語がどれくらいの認知度かわかりませんが;
ご存知の方居られますか?

私が触れた言語はC,C++,JAVA,Ocaml,Lispのどれもソフトウェア言語ばかりで、それに慣れたためかハードウェア言語の並行処理の考え方には苦労しました;

それに、ビット単位でレジスタを確保していくわけで、この課題ならば

"分"の10の位 → 値変動は0~5 → 3ビット幅確保
"分"の1の位 → 値変動は0~9 → 4ビット幅確保

めんどうですよね・・・。

コメント数: 2 閲覧数: 27991

ロゴ、ロード画面、タイトルアニメーション作成

パーマリンクby やっくん on 2010年10月21日(木) 01:51

今日は

・ロゴ
・ロード画面
・タイトルのアニメーション

を作成しましたー。

動画はそれプラス今までのちょっとしたまとめの動画です。

テストのため家の室内で敵とエンカウントするようにしております。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm12496344

コメント数: 0 閲覧数: 27472

オンラインデータ

登録ユーザー: みけCAT