合計 昨日 今日
インフォメーション: 当サイトは3/3~3/4に大規模なメンテを実施し大幅リニューアルします。そのため3/3~3/4に長時間の利用停止時間が発生します。ご了承ください。

みけCATのにっき(仮)
つれづれなるまゝに、日くらし、PCにむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
(本当か!?)
出典
アバター
みけCAT
 
記事: 5992
登録日時: 2010年11月26日(金) 21:35
お住まい: 千葉県
日記: 日記を見る (251)
日記
- 2月 2018
+ 1月 2018
+ 12月 2017
+ 11月 2017
+ 10月 2017
+ 9月 2017
+ 7月 2017
+ 6月 2017
+ 5月 2017
+ 4月 2017
+ 3月 2017
+ 2月 2017
+ 1月 2017
+ 12月 2016
+ 11月 2016
+ 10月 2016
+ 9月 2016
+ 8月 2016
+ 7月 2016
+ 6月 2016
+ 5月 2016
+ 4月 2016
+ 3月 2016
+ 2月 2016
+ 1月 2016
+ 12月 2015
+ 11月 2015
+ 10月 2015
+ 9月 2015
+ 8月 2015
+ 7月 2015
+ 6月 2015
+ 5月 2015
+ 4月 2015
+ 3月 2015
+ 2月 2015
+ 1月 2015
+ 12月 2014
+ 11月 2014
+ 10月 2014
+ 9月 2014
+ 8月 2014
+ 7月 2014
+ 6月 2014
+ 5月 2014
+ 4月 2014
+ 3月 2014
+ 2月 2014
+ 1月 2014
+ 12月 2013
+ 11月 2013
+ 10月 2013
+ 9月 2013
+ 8月 2013
+ 7月 2013
+ 6月 2013
+ 5月 2013
+ 4月 2013
+ 3月 2013
+ 2月 2013
+ 1月 2013
+ 12月 2012
+ 11月 2012
+ 10月 2012
+ 9月 2012
+ 8月 2012
+ 7月 2012
+ 6月 2012
+ 5月 2012
+ 4月 2012
+ 3月 2012
+ 2月 2012
+ 1月 2012
+ 12月 2011
+ 11月 2011
+ 10月 2011
+ 9月 2011
+ 8月 2011
+ 7月 2011
+ 6月 2011
+ 5月 2011
+ 4月 2011
+ 3月 2011
+ 2月 2011
+ 1月 2011
+ 12月 2010
+ 11月 2010
カテゴリー
日常
7 記事
講座
19 記事
勉強
123 記事
制作
90 記事
日誌
32 記事
プログラミング
179 記事
動画
2 記事
アニメ・マンガ
1 記事
ゲーム
2 記事
疑問
16 記事
フィード
次へ

LoadDivGraphで読み込むダミー画像を簡単に作成する

パーマリンクby みけCAT on 2018年2月18日(日) 07:48 カテゴリー: 制作, プログラミング

掲示板に投稿されるゲームプログラミングの質問では、コードのみが提示されて素材(画像や音など)が提示されず、
動かしてみるには自分で素材を用意しないといけないものもあります。
その中でも、LoadDivGraphで読み込む画像は、区別するために指定された位置に合わせて多くのものを描かなければならず、大変です。

今回開発したツールは、分割後の画像のサイズと分割する数を指定することで、連番の入った画像を簡単に作成してくれます。
この「分割後の画像のサイズと分割する数」はLoadDivGraphの引数として指定するものなので、取得する手間はファイル名と同じくらいです。
複数枚読み込ませる場合でも区別できるよう、背景色、文字色、文字のフォントも指定できます。

ツールはHSPで作成し、Vectorで公開しました。
分割ダミー画像生成ツールの詳細情報 : Vector ソフトを探す!

ソースコードはこちらです。
コード[Text]: 全て選択
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
182
183
184
185
186
187
188
189
190
191
192
193
194
195
196
197
198
199
200
201
202
203
204
205
206
207
208
209
210
211
212
213
214
215
216
217
218
219
220
221
222
223
224
225
226
227
228
229
230
231
232
233
234
235
236
237
238
239
240
241
242
243
244
245
246
247
248
249
250
251
252
253
254
255
256
257
258
259
260
261
262
263
264
265
266
267
268
269
270
271
272
273
274
275
276
277
278
279
280
281
282
283
284
285
286
287
288
289
290
291
292
293
294
295
296
297
298
299
300
301
302
303
304
305
306
307
308
309
310
311
312
313
314
315
316
317
318
319
320
321
322
323
324
325
326
327
328
329
330
331
332
333
334
335
336
#uselib "comdlg32.dll"
#func ChooseFont "ChooseFontA" var
#const CF_INITTOLOGFONTSTRUCT 0x00000040
#const CF_LIMITSIZE 0x00002000
#const CF_NOSCRIPTSEL 0x00800000
#const CF_NOVERTFONTS 0x01000000
#const FW_NORMAL 400
#const FW_BOLD 700
#func ChooseColor "ChooseColorA" var
#const CC_ANYCOLOR 0x00000100
#const CC_RGBINIT 0x00000001
 
#uselib "user32.dll"
#func PostMessage "PostMessageA" int, int, int, int
#const WM_APP 0x8000
 
#uselib "kernel32.dll"
#cfunc GetPrivateProfileInt "GetPrivateProfileIntA" str, str, int, str
#func GetPrivateProfileString "GetPrivateProfileStringA" str, str, str, var, int, str
#func WritePrivateProfileString "WritePrivateProfileStringA" str, str, str, str
 
inifile = ".\\dummyimage.ini"
 
; 個数
xnum = GetPrivateProfileInt("image", "xnum", 4, inifile)
ynum = GetPrivateProfileInt("image", "ynum", 4, inifile)
; 1個の大きさ
xsize = GetPrivateProfileInt("image", "xsize", 32, inifile)
ysize = GetPrivateProfileInt("image", "ysize", 32, inifile)
 
; 背景色
br = GetPrivateProfileInt("color", "back_r", 255, inifile)
bg = GetPrivateProfileInt("color", "back_g", 255, inifile)
bb = GetPrivateProfileInt("color", "back_b", 255, inifile)
 
; 文字色
tr = GetPrivateProfileInt("color", "text_r", 0, inifile)
tg = GetPrivateProfileInt("color", "text_g", 0, inifile)
tb = GetPrivateProfileInt("color", "text_b", 0, inifile)
 
; 文字フォント
sdim tfont, 64
tfont = "MS ゴシック"
GetPrivateProfileString "font", "name", tfont, tfont, varsize(tfont), inifile
tbold = GetPrivateProfileInt("font", "bold", 0, inifile)
titalic = GetPrivateProfileInt("font", "italic", 0, inifile)
 
; 生成後保存ダイアログを表示する
showsavedlg = GetPrivateProfileInt("save", "showsavedlg", 1, inifile)
 
; 作成した色
dim ccolors, 16
repeat 16
    ccolors(cnt) = 0xffffff
loop
 
title "分割ダミー画像生成ツール 1.0.0"
objsize 50, 20
 
pos 0, 0 : mes "  x方向の画像数"
pos 0, 20 : mes "  y方向の画像数"
pos 140, 0 : input xnum, 100, 20
pos 140, 20 : input ynum, 100, 20
 
pos 0, 50 : mes "画像1枚のxサイズ"
pos 0, 70 : mes "画像1枚のyサイズ"
pos 140, 50 : input xsize, 100, 20
pos 140, 70 : input ysize, 100, 20
 
pos 0, 100 : mes "     背景色"
pos 0, 120 : mes "     文字色"
pos 0, 140 : mes "  文字フォント"
putx = 170
pos putx, 100 : mes "(R:" : putx += ginfo_mesx
pos putx, 100 : input br, 30, 20 : putx += 30 : bid = stat
pos putx, 100 : mes ", G:" : putx += ginfo_mesx
pos putx, 100 : input bg, 30, 20 : putx += 30
pos putx, 100 : mes ", B:" : putx += ginfo_mesx
pos putx, 100 : input bb, 30, 20 : putx += 30
pos putx, 100 : mes ") " : putx += ginfo_mesx
pos putx, 100 : button goto "選択", *colordlg_b
 
putx = 170
pos putx, 120 : mes "(R:" : putx += ginfo_mesx
pos putx, 120 : input tr, 30, 20 : putx += 30 : tid = stat
pos putx, 120 : mes ", G:" : putx += ginfo_mesx
pos putx, 120 : input tg, 30, 20 : putx += 30
pos putx, 120 : mes ", B:" : putx += ginfo_mesx
pos putx, 120 : input tb, 30, 20 : putx += 30
pos putx, 120 : mes ") " : putx += ginfo_mesx
pos putx, 120 : button goto "選択", *colordlg_t
 
pos 140, 140 : input tfont, (putx - 140) - 100, 20, 31 : fid = stat
objsize 50, 20
pos putx - 100, 140 : chkbox "太字", tbold
pos putx - 50, 140 : chkbox "斜体", titalic
pos putx, 140 : button goto "選択", *fontdlg
 
objsize putx + 50, 50
font "MS ゴシック", 30, 16
objmode 2, 1
pos 0, 170 : button goto "生成", *create_image
objmode 1, 1
sysfont
objsize putx + 50, 20
pos 0, 230
chkbox "生成後保存ダイアログを表示", showsavedlg
 
width putx + 50, 250
gsel 0, 1
 
onexit goto *close_result
 
; キーが押された時にすぐに値を取得すると値が古かったので、ワンクッション置く
onkey goto *send_message
oncmd goto *update_colors, WM_APP
 
*update_colors
gsel 0
 
if (0 <= br) and (br <= 255) and (0 <= bg) and (bg <= 255) and (0 <= bb) and (bb <= 255) {
    color 0, 0, 0
    boxf 140, 100, 160, 118
    color br, bg, bb
    boxf 141, 101, 159, 117
} else {
    color 255, 255, 255
    boxf 140, 100, 160, 118
    pos 140, 100
    color 0, 0, 0
    sysfont
    mes "?"
}
 
if (0 <= tr) and (tr <= 255) and (0 <= tg) and (tg <= 255) and (0 <= tb) and (tb <= 255) {
    color 0, 0, 0
    boxf 140, 120, 160, 138
    color tr, tg, tb
    boxf 141, 121, 159, 137
} else {
    color 255, 255, 255
    boxf 140, 120, 160, 138
    pos 140, 120
    color 0, 0, 0
    sysfont
    mes "?"
}
 
stop
 
*send_message
gsel 0
PostMessage hwnd, WM_APP, 0, 0
stop
 
*colordlg_b
gsel 0
cr = br
cg = bg
cb = bb
gosub *colordlg_common
if cselected {
    objprm bid, cr
    objprm bid + 1, cg
    objprm bid + 2, cb
    goto *update_colors
}
stop
 
*colordlg_t
gsel 0
cr = tr
cg = tg
cb = tb
gosub *colordlg_common
if cselected {
    objprm tid, cr
    objprm tid + 1, cg
    objprm tid + 2, cb
    goto *update_colors
}
stop
 
*colordlg_common
if cr < 0 : cr = 0
if cr > 255 : cr = 255
if cg < 0 : cg = 0
if cg > 255 : cg = 255
if cb < 0 : cb = 0
if cb > 255 : cb = 255
 
dim cc, 9
cc(0) = 4 * 9 ; lStructSize
cc(1) = hwnd ; hwndOwner
cc(3) = (cb << 16) | (cg << 8) | cr ; rgbResult
cc(4) = varptr(ccolors) ; lpCustColors
cc(5) = CC_ANYCOLOR | CC_RGBINIT ; Flags
ChooseColor cc
if stat != 0 {
    cr = cc(3) & 0xff
    cg = (cc(3) >> 8) & 0xff
    cb = (cc(3) >> 16) & 0xff
    cselected = 1
} else {
    cselected = 0
}
return
 
*fontdlg
gsel 0
 
dim cf, 15
dim lf, 7 + 8 ; LF_FACESIZE = 32
 
lf(0) = 12 * 96 / 72 ; lfHeight
if tbold : lf(4) = FW_BOLD : else : lf(4) = FW_NORMAL ; lfWeight
if titalic : titalic_bool = 1 : else : titalic_bool = 0
poke lf, 4 * 5, titalic_bool ; lfItalic
slen = strlen(tfont)
if slen > 31 : slen = 31
memcpy lf, tfont, slen, 4 * 7, 0 ; lfFaceName
poke lf, 4 * 7 + slen, 0
 
cf(0) = 4 * 15 ; lStructSize
cf(1) = hwnd ; hwndOwner
cf(3) = varptr(lf) ; lpLogFont
cf(5) = CF_INITTOLOGFONTSTRUCT | CF_LIMITSIZE | CF_NOSCRIPTSEL | CF_NOVERTFONTS ; Flags
cf(13) = 12 ; nSizeMin
cf(14) = 12 ; nSizeMax
 
ChooseFont cf
 
if stat != 0 {
    sdim newfont, 32
    memcpy newfont, lf, 32, 0, 4 * 7
    if lf(4) > FW_NORMAL : newbold = 1 : else : newbold = 0
    if peek(lf, 4 * 5) : newitalic = 1 : else : newitalic = 0
    objprm fid, newfont
    objprm fid + 1, newbold
    objprm fid + 2, newitalic
}
 
stop
 
*create_image
gsel 0
sdim invalid_messages, 64, 4
invalid_param = 0
if xnum <= 0 {
    invalid_messages(invalid_param) = "x方向の画像数"
    invalid_param += 1
}
if ynum <= 0 {
    invalid_messages(invalid_param) = "y方向の画像数"
    invalid_param += 1
}
if xsize <= 0 {
    invalid_messages(invalid_param) = "画像1枚のxサイズ"
    invalid_param += 1
}
if ysize <= 0 {
    invalid_messages(invalid_param) = "画像1枚のyサイズ"
    invalid_param += 1
}
if invalid_param == 1 {
    invalid_message = invalid_messages(0)
} else : if invalid_param > 1 {
    invalid_message = ""
    repeat invalid_param
        invalid_message += "・" + invalid_messages(cnt) + "\n"
    loop
}
if invalid_param > 0 {
    dialog invalid_message + "が不正です。\n正の整数を設定してください。", 1, "エラー"
    stop
}
 
invalid_bcol = (br < 0) or (255 < br) or (bg < 0) or (255 < bg) or (bb < 0) or (255 < bb)
invalid_tcol = (tr < 0) or (255 < tr) or (tg < 0) or (255 < tg) or (tb < 0) or (255 < tb)
if invalid_bcol and invalid_tcol {
    invalid_message = "背景色と文字色"
} else : if invalid_bcol {
    invalid_message = "背景色"
} else {
    invalid_message = "文字色"
}
if invalid_bcol or invalid_tcol {
    dialog invalid_message + "が不正です。\n色の各値は0~255の整数で設定してください。", 1, "エラー"
    stop
}
 
screen 1, xnum * xsize, ynum * ysize, screen_tool | screen_fixedsize
title "生成結果"
redraw 0
 
fstyle = 16
if tbold : fstyle += 1
if titalic : fstyle += 2
 
fleft = 1
fright = 1
repeat
    font tfont, fright, fstyle
    mes str(xnum * ynum - 1)
    if (ginfo_mesx > xsize) or (ginfo_mesy > ysize) : break
    fright *= 2
loop
while fleft <= fright
    center = int((fleft + fright) / 2)
    font tfont, center, fstyle
    mes str(xnum * ynum - 1)
    if (ginfo_mesx <= xsize) and (ginfo_mesy <= ysize) {
        fleft = center + 1
    } else {
        fright = center - 1
    }
wend
color br, bg, bb
boxf 0, 0, xnum * xsize, ynum * ysize
font tfont, fleft - 1, fstyle
color tr, tg, tb
 
for i, 0, ynum
    for j, 0, xnum
        pos xsize * j, ysize * i
        mes str(i * xnum + j) + " " ; 普通に出力すると斜体の右が切れる
    next
next
 
redraw 1
 
if showsavedlg {
    dialog "bmp", 17, "ビットマップファイル"
    if stat == 1 {
        filename = refstr
        if getpath(fi...


[ 続き ]

コメント数: 0 閲覧数: 115

2017年ラジオ投稿まとめ

パーマリンクby みけCAT on 2018年1月03日(水) 16:12 カテゴリー: 日常, 日誌

あけましておめでとうございます。
さて、私は2017年頭にラジオ番組への投稿を解禁しました。
それから1年、どのくらい投稿したのかをまとめてみました。
以下の投稿数はメールとハガキの合計です。

まずは全体数。
全部で452通ありました。

all-merge-1280.png
全体統計
all-merge-1280.png (153.43 KB) 表示数: 20 回

11月までは水瀬いのりがトップだったのに、終盤でヤケになって投げまくった結果阿澄佳奈が怒涛の追い上げを見せ、抜いてしまいました。
毎回問題の答えを送っている名塚佳織に比べ、特にそのようなことは無いチマメが減速してきていることも読み取れます。
その下では中島みゆきと田村ゆかりが抜け出ており、残りはどんぐりの背比べという感じですね。

次に、全体で多かった2番組について。

まずは最後で逆転して投稿数トップになった阿澄佳奈。
これはテーマに合う曲を投稿するのが主であり、メール1通で複数の曲を投稿することもあるので、
各回ごとに投稿した曲数とその中で本編で紹介された(=「正解」)曲数をまとめてみました。

asumikana.png
阿澄佳奈統計
asumikana.png (25.73 KB) 表示数: 48 回

1曲以上投稿して正解が0曲の場合はもちろん正解率はゼロ、
正解は多くて1回に数曲なので投稿した曲数が少ないほどゼロでない時の正解率が高くなることが読み取れます。
終盤では、該当する曲が多いテーマだったために投稿数が多くなっていることが考えられます。

そして最後で逆転されて投稿数2位になってしまった水瀬いのり。
各コーナー(+ふつおた)に向けた投稿数のまとめです。

minaseinori-merge-1280.png
水瀬いのり統計
minaseinori-merge-1280.png (195.27 KB) 表示数: 22 回

日常の些細なことからネタを生成しやすいコーナーの投稿数が多くなっているようです。

2018年も、どんどん投稿していきたいと思います。
果たしてどんな分布になるのでしょうか…?
添付ファイル

コメント数: 0 閲覧数: 583

頭の良い人・悪い人 vs 未定義動作

パーマリンクby みけCAT on 2017年12月31日(日) 22:29 カテゴリー: 勉強, プログラミング

fly5728 さんが書きました:
コード[C++]: 全て選択
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
 
int main(){
    int a;
    char c;
    a = 999990;
    c = '9';
    a += atoi(&c);
 
    printf("%d\n", atoi(&c));
    printf("%d\n", a);
 
    return 0;
}


これを実行すると
9
1000086
という結果になります。どうしてでしょうか。

例えばこの実行結果を見た時・・・

miteigi-atamanoiihito-20171231.png
頭の良い人
miteigi-atamanoiihito-20171231.png (268.95 KB) 表示数: 17 回

miteigi-atamanowaruihito-20171231.png
頭の悪い人
miteigi-atamanowaruihito-20171231.png (259.66 KB) 表示数: 20 回


「未定義動作だ!動作は不定!」と言って思考停止してしまうのは、頭が悪いでしょう。
「どうしてでしょうか。」と聞かれているので、実際にどうしてこうなったのかを考えるべきであると思われます。

そういえば、ロクでなし魔術講師と禁忌教典にも、
「ショックボルト(雷で攻撃する魔法)の呪文の区切り方を変えると失敗するが、どう失敗するか?」という問いに対し「ランダム」と言っている場面がありました。
実際はランダムではなく、何らかの規則に基づいて結果が変わるらしいです。
(この世界での)魔法もプログラムも、もしかしたら実行するハードウェアは違うけど似ているのかもしれないですね。

Offtopic :
このトピックの投稿は2017年8月なのに、投稿しようしようと思ってこんなに遅くなってしまった…(´・ω・`)
添付ファイル

コメント数: 0 閲覧数: 702

モーニング娘。'\d{2}

パーマリンクby みけCAT on 2017年11月09日(木) 23:26 カテゴリー: プログラミング

モーニング娘。系のグループは、最後の数字が違うものが何種類もあるようですね。
そこで、とりあえず出力しまくるプログラムを書いてみました。

C言語
コード[C]: 全て選択
1
2
3
4
5
6
7
8
9
#include <stdio.h>
 
int main(void) {
    int i;
    for (i = 0; i < 100; i++) {
        printf("モーニング娘。'%02d\n", i);
    }
    return 0;
}

Ruby
コード[Ruby]: 全て選択
1
100.times { |i| printf("モーニング娘。'%02d\n", i) }

Python
コード[Text]: 全て選択
1
2
for i in range(100):
    print("モーニング娘。'{0:02d}".format(i))

Haskell
コード[Haskell]: 全て選択
1
2
main :: IO ()
main = putStr $ foldl1 (++) $ map ((\i -> "モーニング娘。'" ++ (if i < 10 then "0" else "") ++ (show i) ++ "\n") :: Integer -> String) (take 100 [0..])


実行結果
コード[Text]: 全て選択
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
モーニング娘。'00
モーニング娘。'01
モーニング娘。'02
モーニング娘。'03
モーニング娘。'04
モーニング娘。'05
モーニング娘。'06
モーニング娘。'07
モーニング娘。'08
モーニング娘。'09
モーニング娘。'10
モーニング娘。'11
モーニング娘。'12
モーニング娘。'13
モーニング娘。'14
モーニング娘。'15
モーニング娘。'16
モーニング娘。'17
モーニング娘。'18
モーニング娘。'19
モーニング娘。'20
モーニング娘。'21
モーニング娘。'22
モーニング娘。'23
モーニング娘。'24
モーニング娘。'25
モーニング娘。'26
モーニング娘。'27
モーニング娘。'28
モーニング娘。'29
モーニング娘。'30
モーニング娘。'31
モーニング娘。'32
モーニング娘。'33
モーニング娘。'34
モーニング娘。'35
モーニング娘。'36
モーニング娘。'37
モーニング娘。'38
モーニング娘。'39
モーニング娘。'40
モーニング娘。'41
モーニング娘。'42
モーニング娘。'43
モーニング娘。'44
モーニング娘。'45
モーニング娘。'46
モーニング娘。'47
モーニング娘。'48
モーニング娘。'49
モーニング娘。'50
モーニング娘。'51
モーニング娘。'52
モーニング娘。'53
モーニング娘。'54
モーニング娘。'55
モーニング娘。'56
モーニング娘。'57
モーニング娘。'58
モーニング娘。'59
モーニング娘。'60
モーニング娘。'61
モーニング娘。'62
モーニング娘。'63
モーニング娘。'64
モーニング娘。'65
モーニング娘。'66
モーニング娘。'67
モーニング娘。'68
モーニング娘。'69
モーニング娘。'70
モーニング娘。'71
モーニング娘。'72
モーニング娘。'73
モーニング娘。'74
モーニング娘。'75
モーニング娘。'76
モーニング娘。'77
モーニング娘。'78
モーニング娘。'79
モーニング娘。'80
モーニング娘。'81
モーニング娘。'82
モーニング娘。'83
モーニング娘。'84
モーニング娘。'85
モーニング娘。'86
モーニング娘。'87
モーニング娘。'88
モーニング娘。'89
モーニング娘。'90
モーニング娘。'91
モーニング娘。'92
モーニング娘。'93
モーニング娘。'94
モーニング娘。'95
モーニング娘。'96
モーニング娘。'97
モーニング娘。'98
モーニング娘。'99


Offtopic :
code=pythonを使ったら、括弧だけでなくformatも選択しないと見えなくなりました。
本当になんなんだこの糞仕様。詫び5000兆円よこせ。

コメント数: 0 閲覧数: 1038

迷惑なスポーツ

パーマリンクby みけCAT on 2017年10月30日(月) 22:15 カテゴリー: 日常

昨日は野球中継により多くの番組が潰されました。
潰すといえば、この『迷惑な国』は、移動する国が環境を踏み潰していくという話です。



タイムリーですね。

コメント数: 0 閲覧数: 1076

オンラインデータ

登録ユーザー: みけCAT, 沖 滉均