合計 昨日 今日

アバター
Dixq (管理人)
管理人
 
記事: 1554
登録日時: 2010年10月12日(火) 20:16
お住まい: 北海道札幌市
日記: 日記を見る (570)
日記
- 12月 2017
ボーナスで自社製品を買う (2)
   2017年12月10日(日) 20:17
玉藤製と自宅製 (9)
   2017年12月03日(日) 22:01

+ 11月 2017
+ 10月 2017
+ 9月 2017
+ 8月 2017
+ 7月 2017
+ 6月 2017
+ 5月 2017
+ 4月 2017
+ 3月 2017
+ 2月 2017
+ 1月 2017
+ 12月 2016
+ 11月 2016
+ 10月 2016
+ 9月 2016
+ 8月 2016
+ 7月 2016
+ 6月 2016
+ 5月 2016
+ 4月 2016
+ 3月 2016
+ 2月 2016
+ 1月 2016
+ 12月 2015
+ 11月 2015
+ 10月 2015
+ 9月 2015
+ 8月 2015
+ 7月 2015
+ 6月 2015
+ 5月 2015
+ 4月 2015
+ 3月 2015
+ 2月 2015
+ 1月 2015
+ 12月 2014
+ 11月 2014
+ 10月 2014
+ 9月 2014
+ 8月 2014
+ 7月 2014
+ 6月 2014
+ 5月 2014
+ 4月 2014
+ 3月 2014
+ 2月 2014
+ 1月 2014
+ 12月 2013
+ 11月 2013
+ 10月 2013
+ 9月 2013
+ 8月 2013
+ 7月 2013
+ 6月 2013
+ 5月 2013
+ 4月 2013
+ 3月 2013
+ 2月 2013
+ 1月 2013
+ 12月 2012
+ 11月 2012
+ 10月 2012
+ 9月 2012
+ 8月 2012
+ 7月 2012
+ 6月 2012
+ 5月 2012
+ 4月 2012
+ 3月 2012
+ 2月 2012
+ 1月 2012
+ 12月 2011
+ 11月 2011
+ 10月 2011
+ 9月 2011
+ 8月 2011
+ 7月 2011
+ 6月 2011
+ 5月 2011
+ 4月 2011
+ 3月 2011
+ 2月 2011
+ 1月 2011
+ 12月 2010
+ 11月 2010
+ 10月 2010
フォロー
カテゴリー
日常
1 記事

初夢

パーマリンクby Dixq (管理人) on 2013年1月12日(土) 11:53

現在寝起きです。今年初めてまともな夢を見ました。
もうそれはそれは長くてマジで映画の主人公でした。
今見た夢を只管文章にしてみます。ちなみにものすごい長文です。

==================================================

目が覚めると私はベッドの上で手錠につながれていた。
部屋は汚く、寂れており、何故自分がこのような場所にいるのか理解できなかった。
そして、そこには運よく何故か手錠のカギが落ちていた。
私はそのカギで手錠を外すと部屋の外に出てみた。
辺りを見回すと、一見普通のマンションだが、酷く荒廃していた。
何故自分がこんなところに監禁されているのかわからず怖くなり、私は逃げ出した。

廊下に出ると、一見普通のマンションだが、自分のマンションだけ頑丈なフェンスで囲まれていることが分かった。
フェンスの周りには堀のようなものが彫られており、よじ登ることは困難だったが、
一部だけ大きな階段からフェンスに飛びつけられそうな場所があった。
私はそこからフェンスに飛びつき、逃げ出すことに成功した。

そこは住宅地のど真ん中だったようだ。
住民が私を見て「逃げ出したぞ!」と叫んでいる。
何故私がそんなことを言われなければならないのか分からなかったが、私はこのままでは捕まってしまうと思い、全力で走った。
しかし、走っても走っても、どこに隠れても警官らしき人物が、自分の行動を知っているかのように追ってくる。
「なんでなんだよ!」そう叫びながら全力で走った。
すると、突然30台後半位かと思われる男に襟首を掴まれ、脇道に放り込まれた。

一面黒で覆い隠された姿をしたグラサンをつけた体格のいい男だった。
そしてそのまま私の体を壁に叩きつけると顔を近づけてこう言った。
「俺はお前の味方だ。このまま一人で連中から逃げるか、俺を信じて俺と逃げるか、2秒で決めろ」
そんなこと言われても困る・・という気持ちが正直だったが、もうこの状況では自分を助けてくれると言ってくれる人に従うしかない。
私は即座にその男に付いて行くことに承諾した。
男は「よし、ではまず特急に乗るぞ」と言って駅に向かった。

男は腕時計を確認し、1分待つことを伝えた。その間に、すべて計画していたかのように、私に列車の切符を渡した。
男は冷静にまた腕時計を見つつ、「もうすぐだ」そういって、男は私を連れて走り出した。
駅に向かい、改札を抜けてホームに行くと丁度特急が出るところだった。
私たちはそれに飛び乗った。私たちは4人掛けのスペースに二人で座ると、一通の手紙を私に渡した。「人に見られないようにして読め」と。
手紙にはこう書かれていた。

==【突然突拍子もないことを言って信じられないだろうが、私は君自身だ。君の20年後の姿がこの私だ。】==

こいつは何を言っているのだろう...私が20年後の世界に飛ばされたとでも言うのだろうか。
何か今の年を確かめるスデは・・。
そう思って辺りを確認すると、丁度隣の人が新聞を読んでいた。
書かれている年を確認すると2012年(2013年じゃないあたりがまだ年明けた実感無い)、つまり今年。
訳が分からない。
すると男は体をかがめて私に近づき、小声で、グラサンを半分外しながらこう言った。

男「君が未来に来たんじゃない。私が20年前に飛ばされて生き続けたんだ。」

「ゴクッ」生唾を飲んでそれを聞く私。
なるほど、だからこの男は大きな声を上げてしゃべろうとしないのか、、、私と会話するとほぼ全く同じ声の人間が会話しているようで目立つから・・・。次第に私は納得していた。

そして、男は言った。「そろそろだ」そう言って、男は私を人気のないデッキに連れて行った。

男「実は今君が身に着けているものは追跡用のセンサーだらけでね。今私たちがこの列車に乗っていることも警官は知っている。そしてもちろん次の駅でこの列車は止められ、このままだと私たちは捕まるんだ。」
私「え、じゃどうすればいいんだ!」
男「まずセンサーが入っているのは君の来ている上着、ズボン、靴だ。それをこれに着替えたまえ」

周到に用意されていた服に私は着替える。

男「そしてここだ」

私の首の後ろ部分を触ると変な機械を押し当てた。

男「少し我慢しろ」

その瞬間、後ろ首に激痛が走った。

私「痛い!イタタタタ!」

のたうちまわるほどの痛みが走った時、男は冷静に「これで良し」と言いながら、私の体内に埋め込まれていたものらしきチップを見せつけた。

男「これで追跡される心配は無くなった。後は逃げるだけだ」
私「でも次の駅で警官が沢山待ち構えているんじゃ・・」
男「この列車が次の駅まで到着したらな」

そういうと列車はすごい勢いで緊急停車した。
前方を見ると、踏切で立ち往生をしている車があるではないか。その瞬間ドアをあけ、私たちは走り出した・・・

----------------------------------------------------------------------------

== この辺りから徐々に私はこの映画?の主人公視点?から、モニタの前で見ている視聴者視点に変わる ==
== この話は映画で、私はこたつに入ってこの映画をニコニコで見ているような形 ==

そして見てしまった。
ニコニコの横に流れる文字列の一つに

「最初に手錠のカギを置いたのは"男"なんだぜ。ネタバレ、黒幕="男"」

くそー!ネタバレを最初に見てしまったじゃないか~!!!

そこで目が覚めました。

新年早々中二病か!っちゅー映画の主人公な夢を見たDixqでした。
最後に編集したユーザー Dixq (管理人) [ 2013年1月12日(土) 19:43 ], 累計 3 回

コメント数: 10 閲覧数: 31820
コメント

Re: 初夢

パーマリンクby へろりくしょん on 2013年1月12日(土) 12:28

へろりん愛してる。 まで読んだ。
アバター
へろりくしょん
 
記事: 92
登録日時: 2010年10月17日(日) 07:23
お住まい: 福岡
日記: 日記を見る (98)

Re: 初夢

パーマリンクby ookami on 2013年1月12日(土) 18:18

脱出して追われる夢は見たことあるけどそこまで映画(中二)っぽい夢は見たことないすごいw
今年もよろしくお願いしますm(_ _)m
アバター
ookami
 
記事: 214
登録日時: 2010年10月16日(土) 21:11
お住まい: 東京都
日記: 日記を見る (0)

Re: 初夢

パーマリンクby ISLe on 2013年1月12日(土) 18:31

しっかりストーリー仕立てなのがすごいですね。

初夢じゃないですが、つま先に力入れて空を飛ぶという夢を何回か見ていて、それが現実に飛べる気がするほどリアルに感じる夢だったりします。
たいていよく分からん場所でふらふらしてる夢ばかり見るのですが、今年の初夢は具体的過ぎるので内緒。
ISLe
 
記事: 2593
登録日時: 2010年10月16日(土) 22:47
日記: 日記を見る (19)

Re: 初夢

パーマリンクby MoNoQLoREATOR on 2013年1月12日(土) 19:40

壁ドンキタ━(゚∀゚)━!
…誰得だよ。ってのは置いといて、とてもおもしろい夢ですね!
そこまで鮮明に覚えてらっしゃるところもまたすごいですね。
夢ではあるかもしれませんが、このストーリーを考えたのは間違いなくキューさん自身のはずです。
今からでも遅くありません。作家を目指してみても良いのではないでしょうか(笑)
鮮明でリアリティがある夢は何度か見たことがあるような気がするのですが、忘れてしまいましたね。
落ちる夢を何度か見たことがあって、その感覚がとてもリアルで楽しかったのは覚えてますが。
あとはあれですね。
布団に潜り込んだら何故かヘビがとぐろ巻いててものすごい速さで飛びかかってきて胸をガブっと噛まれて死んだ夢は鮮明に覚えてます。
アバター
MoNoQLoREATOR
 
記事: 284
登録日時: 2011年2月11日(金) 22:30
お住まい: 名古屋
日記: 日記を見る (182)

RE: 初夢

パーマリンクby GRAM on 2013年1月12日(土) 23:25

僕は年末年始風邪をひいていたからか初夢は人生で数えるほどの悪夢でした。
要約すると、
①(夢の中で)目が覚めるとなぜか通学路の道端で寝ていることに気づく。
②なぜか右半身が全くと言っていいほど動かなくなっている。
③道行く人が動けず足掻く僕を横目で見ながらスルーしていく・・・
という夢でした。
しかも思考は結構クリアで、これからどうしようとかひたすら考えてました。
とりあえず声を出して助けを呼ぼうと思ったら、発声する方法がわからないことに気が付き
パニックになったところで飛び起きました・・・。
アバター
GRAM
 
記事: 163
登録日時: 2010年11月02日(火) 21:48
お住まい: 大阪
日記: 日記を見る (148)

Re: 初夢

パーマリンクby Dixq (管理人) on 2013年1月13日(日) 17:02

> へろりん

どこにそんなことが・・。
へろりんのサムネは好きだったけど、今のはとても見ちゃいられない
アバター
Dixq (管理人)
管理人
 
記事: 1554
登録日時: 2010年10月12日(火) 20:16
お住まい: 北海道札幌市
日記: 日記を見る (570)

Re: 初夢

パーマリンクby Dixq (管理人) on 2013年1月13日(日) 17:03

> ookamiさん

追われる夢見ますね~・・
そのくせ追う夢はみたことないんですよね。
自分の性格を反映してるんでしょうか・・・。
ことしもよろしく!
アバター
Dixq (管理人)
管理人
 
記事: 1554
登録日時: 2010年10月12日(火) 20:16
お住まい: 北海道札幌市
日記: 日記を見る (570)

Re: 初夢

パーマリンクby Dixq (管理人) on 2013年1月13日(日) 17:05

> ISLeさん

何ですか、気になりますw
空を飛ぶ夢いいですね、現実では体感できないことを夢で体感できたら・・・なんて装置が近未来に出来そうで怖い。
アバター
Dixq (管理人)
管理人
 
記事: 1554
登録日時: 2010年10月12日(火) 20:16
お住まい: 北海道札幌市
日記: 日記を見る (570)

Re: 初夢

パーマリンクby Dixq (管理人) on 2013年1月13日(日) 17:06

> Monoさん

書いてる途中かあかなり忘れかけてたんですけど必死に思い出しながら書きました。
いや~夢って鮮明に見ても時間がたつとドンドン忘れていくもんですね~。
夢と現実を区別するための自然な仕組みなんでしょうか。

ストーリーは私が作ると中二になるのでやめておきますw
アバター
Dixq (管理人)
管理人
 
記事: 1554
登録日時: 2010年10月12日(火) 20:16
お住まい: 北海道札幌市
日記: 日記を見る (570)

Re: 初夢

パーマリンクby Dixq (管理人) on 2013年1月13日(日) 17:08

> グラミー

私は大学受験の頃よく悪夢見てました・・。

「ある風船が置いてある階段を下りる」

って悪夢なんですが、文章にすると何でもないことなんですが、これが夢だと超怖いんですよ・・。
夢って人によってそれぞれですね~。
アバター
Dixq (管理人)
管理人
 
記事: 1554
登録日時: 2010年10月12日(火) 20:16
お住まい: 北海道札幌市
日記: 日記を見る (570)

オンラインデータ

登録ユーザー: なし