合計 昨日 今日

taketoshi
 
記事: 218
登録日時: 2010年10月30日(土) 14:49
お住まい: 日本国
日記: 日記を見る (216)
日記
- 1月 2018
Windows10の罠 (4)
   2018年1月20日(土) 14:58
長い更新だな (0)
   2018年1月10日(水) 22:47
ラズパイにsambaを入れてファイルサーバにする (2)
   2018年1月09日(火) 01:00

+ 12月 2017
+ 10月 2017
+ 8月 2017
+ 7月 2017
+ 6月 2017
+ 5月 2017
+ 4月 2017
+ 3月 2017
+ 2月 2017
+ 1月 2017
+ 12月 2016
+ 11月 2016
+ 10月 2016
+ 9月 2016
+ 8月 2016
+ 7月 2016
+ 6月 2016
+ 5月 2016
+ 4月 2016
+ 3月 2016
+ 2月 2016
+ 1月 2016
+ 12月 2015
+ 11月 2015
+ 10月 2015
+ 9月 2015
+ 8月 2015
+ 7月 2015
+ 6月 2015
+ 4月 2015
+ 3月 2015
+ 1月 2015
+ 12月 2014
+ 10月 2014
+ 9月 2014
+ 8月 2014
+ 7月 2014
+ 6月 2014
+ 5月 2014
+ 4月 2014
+ 3月 2014
+ 2月 2014
+ 1月 2014
+ 12月 2013
+ 11月 2013
+ 10月 2013
+ 9月 2013
+ 8月 2013
+ 7月 2013
+ 6月 2013
+ 5月 2013
+ 4月 2013
+ 3月 2013
+ 2月 2013
+ 1月 2013
+ 10月 2012
+ 9月 2012
+ 8月 2012
+ 7月 2012
+ 6月 2012
+ 5月 2012
+ 4月 2012
+ 3月 2012
+ 2月 2012
+ 1月 2012
+ 12月 2011
+ 11月 2011
+ 10月 2011
+ 8月 2011
+ 7月 2011
+ 6月 2011
+ 5月 2011
+ 4月 2011
+ 3月 2011
+ 2月 2011
+ 1月 2011
カテゴリー
フィード
次へ

Windows10の罠

パーマリンクby taketoshi on 2018年1月20日(土) 14:58

どーにもこーにもWindows10が重くて使い物にならないので
デバイスマネージャでCPUの稼働状況を何気なく確認してみた。

low.png
low.png (43.36 KB) 表示数: 133 回

2.8MHzのところ、0.82MHzと半分の性能も出ていませんでした。
調べてみたらWindows10は消費電力を抑えるために
電源管理で最小のプロセッサ速度の設定ができるみたい。

特に電源管理を「バランス」にしているとCPUがニート化する模様。
恐ろしいことにこれが「デフォルト設定」という罠

info.png
info.png (23.57 KB) 表示数: 133 回

ここを100%の使用率にしてやることで。

high.png
high.png (41.8 KB) 表示数: 133 回

きちんと働くようになりました。


おそらく?長時間駆動のためノートPC系のCPUだけに適用されてると思うのだが
注意しなければならないのは「ノートPC系のCPUを流用している一体型PC」も巻き込まれる件

一体型PCはバッテリ関係ないでしょーよ・・・。
マイクロソフト大丈夫かよ。
添付ファイル

コメント数: 4 閲覧数: 133

長い更新だな

パーマリンクby taketoshi on 2018年1月10日(水) 22:47

Windows10終了時に「更新中ですお待ちください」画面が10分表示され更新開始

Windows10更新終了後→再起動

あれ、、、?ubuntuのブートローダーすっ飛ばしてWindows10が立ち上がる。

たまらず画面に向かって「お前お呼びじゃねぇよ・・・」と呟いてしまった。

Windows自身が更新のタイミングでubuntuが立ち上がるように書き換えたブートローダーを自己修復するようで。

お前はウイルスかと(ry

以下覚書

コード[C++]: 全て選択
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
windows10コマンドプロンプトを管理者権限で立ち上げ
 
mountvol g: /s                                //ブートローダーを読めるようにする
cd EFI/Microsoft/Boot
ren bootmgfw.efi bk_bootmgfw.efi//ウインドウズのブートローダーをバックアップ(あとで使う)
copy ..\..\ubuntu\grubx64.efi bootmgfw.efi //ubuntuのブートローダーをMSのブートローダーにすり替え
 
ubuntu側で操作
ctrl + alt +Tでターミナル立ち上げ
$cd /boot/grub
$sudo nano grub.cfg
250行目くらいにある
chainloader /EFI/Microsoft/Boot/bootmgfw.efi
 
bootmgfw.efiの文字列をWindowsのブートローダバックアップbk_bootmgfw.efiに書き換え
 
これでgrubが立ち上がってWindows10も選択できるようになる
最後に編集したユーザー taketoshi [ 2018年1月10日(水) 22:48 ], 累計 1 回

コメント数: 0 閲覧数: 151

ラズパイにsambaを入れてファイルサーバにする

パーマリンクby taketoshi on 2018年1月09日(火) 01:00

スマホでとった写真や動画が容量を圧迫してしまうため
ラズパイに接続したUSBメモリをファイルサーバにしてみました。

クラウドストレージと違って容量を気にせずガンガンアップロードできるし、ローカルネットワークなのでセキュアです。
一番いいのは簡単な操作で家族が保存場所を共有でき、管理が煩雑にならないのが一番楽です。

USBの容量がいっぱいになったら新しいのに差し替えてUSBメモリに「何年の何月までの写真~」とを書いていくだけで保存できます。
管理面でもコストパフォーマンスも抜群です。


と。いいことをズラズラ書いてみましたが。sambaでドハマリして正月中掛かってしまいました。
Windows7からラズパイのNASが見えなくて結局Windows7を再インストールしました。

なんとか見えるようになったはいいものを
初代ラズパイを使っている&家の中の通信設備が古いため通信速度が2MB/秒間とゲキ遅でした。

デスクトップのデータを全て保存するため1.8TBのUSBHDDを用意していたのですが
「この転送速度じゃそんなに使えないだろ・・・・」と急遽USBメモリに差し替えた次第です。

と悪いことをズラズラ書いてみましたが、スマホから簡単にアクセスできる点が総じてとても便利です。

以下覚書

コード[C++]: 全て選択
1
2
sudo nano /etc/samba/smb.conf
sudo /etc/init.d/samba start

コメント数: 2 閲覧数: 181

Windows7からラズパイにリモート接続し操作する

パーマリンクby taketoshi on 2017年12月31日(日) 11:29

同じLAN内に共存するラズベリーパイ2をWindows7から操作してみました。
思ったより簡単にリモート接続を確立する事が出来ました。便利な世の中になりましたね。

これを抑えておけばラズパイからディスプレイやマウスを外して組み込み用として操作する事が出来ます。
画面が同期する方法と同期しない方法の二つのパターンを試したので以下覚書

[操作画面が同期しない方法]
ステップ1 ラズパイにxrdpのインストール
コード[C++]: 全て選択
1
2
$sudo apt-get update
$sudo apt-get install xrdp


アップデートコマンドを入力しないとダウンロード先URLが変わっているとき404NotFoundエラーが出ます。

ステップ2 ラズパイのIP確認
コード[C++]: 全て選択
1
$ip a

ipconfigっていつの間にか非推奨になってたんですね。ipコマンドで確認しました。
eth0の後に続くのかラズパイのIPアドレスです。

ステップ3 Windows7のリモートデスクトップから接続
Windows7リモート設定.png
Windows7リモート設定.png (14.01 KB) 表示数: 105 回

画面の様に設定してOKすれば、画面が同期しないリモート接続を確立できます。

[操作画面が同期する方法]
xrdpを使用した方法はラズパイとWindowsを同時起動しリモート接続し
Windowsからラズパイを操作してもラズパイ側のデスクトップに変化がありません。
バックグラウンドでもう一つのデスクトップが動いている状態です。
操作画面を同期させるには他の方法をとる必要があります。

ステップ1 ラズパイにx11vncをインストール
コード[C++]: 全て選択
1
2
3
4
5
$sudo apt-get install x11vnc
//インストール終了後
$sudo x11vnc -storepasswd //続いて接続パスワードの設定
$sudo x11vnc -usepw //パスワードを使ってvncを起動
$x11vnc -usepw -forever //リモート接続が切れてもvncが落ちないように設定


ステップ2 x11vncの自動起動
このままだとラズパイを再起動するとデーモンが立ち上がらないので
ラズパイの設定を書き換える。windowsでいうスタートアップ登録と一緒。

カレントディレクトリを/home/pi/.config/に移してスタートアップフォルダを造る
コード[C++]: 全て選択
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
$mkdir autostart
$vim x11vnc.desktop
 
//x11vnc.desktopの中を次に書き換えて保存
[Desktop Entry]
Encoding=UTF-8
Type=Application
Name=X11VNC
Comment=
Exec=x11vnc -forever -display :0 -ultrafilexfer
StartupNotify=false
Terminal=false
Hidden=false


vimではなくメモ帳ライクなleafpadでもokです。

ステップ3 Windows側の操作
クライアントに「ultraVNC」を使用しました。TeamViwer等でも接続できるかもしません。
ダウンロードしてインストールします。
ラズパイのIPアドレスとポート番号を入力します。ポートはデフォルトで5900を解放するようです。
http://search.fenrir-inc.com/?hl=ja&cha ... C%E3%83%89
vnc.png
vnc.png (18.32 KB) 表示数: 105 回


connectボタンを押し、パスワードを問われるダイアログが現れるので先ほどのパスワードを入力する。

接続成功するとWindowsにラズパイの画面が現れラズパイのデスクトップと同期します。
remote.png
remote.png (384.85 KB) 表示数: 6 回



ノートパソコンを遠隔操作する必要もないですが
これでUbuntuも同じ方法で接続できちゃいますね。
添付ファイル

コメント数: 0 閲覧数: 172

Ubuntu気に入った

パーマリンクby taketoshi on 2017年12月26日(火) 00:44

Ubuntuを弄くり倒しています。

型遅れPCでも快適に動くため非常に気に入りました。
Windows10重すぎです。毎度更新が入って終了に三分かかるって何事。
(Celeron2.16Ghz メモリ8GB)

・Windows10と比較したUbuntuのメリット
1・動作が快適
2・GUIがWindows10よりかっこいい。
3・そしてWindows10よりランチャーが使いやすぃ
4・電源管理をしたら3時間だった使用時間が4時間に伸びた
5・無料で使える
6・linux使ってるんですよとドヤ顔できる。

LibreCalcでサラっと仕事してみましたが、書類を書くならば全く問題がない。
デスクトップはWindows7ですが、出先ではLinuxで遊びまわってます。

スーパーボタンからのcmd ! firefox!!のコンボが気に入っています。
あまりにツボっているので、Windows10の出番が一層のこと減ってしまいそうです。

vimっていうマゾっぽいエディタを勉強しつつ、シェルスクリプトを組んでみたいと思っています。

コメント数: 8 閲覧数: 486

オンラインデータ

登録ユーザー: なし